CocoaPodsの利用について

CocoaPodsについて

iOS/Mac向けのアプリを作成する際のライブラリ管理を行います。



GitHub等からライブラリ取ってきて、自動でプロジェクトに追加してくれる便利な機能になります。

CocoaPodsのインストール

MacにはデフォルトでRubyがインストールされているので、それ前提です。

1.ruby gemを最新にする

$ sudo gem update --system

2.インストール

$ sudo gem install cocoapods

3.セットアップ

El Capitanからrootlessという概念が登場したため、root権限を持つユーザーでも以下のディレクトリにアクセスできません。Operation not permittedとエラーになります。

  • /usr
  • /sbin
  • /System

sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods
cocoapodsを/usr/local/bin配下にインストールします。


CocoaPodsの利用

1.プロジェクトファイルに移動

$ cd ~/testProject

2.Podfileというファイルを作成し、編集

$ vi Podfile
Podfile
platform :ios, "6.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'

プラットフォームをiOS6以上で指定します。



AFNetworkingというライブラリのバージョン2系を指定してインストール

3.指定したライブラリをインストール

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Using AFNetworking (2.2.1)
Generating Pods project
Integrating client project

4.確認


実行したプロフェクトファイルにtestProject.xcworkspaceというファイルが作成されるので、こちらを実行したりする

5.他のライブラリをインストールするときは、先ほどのPodfileにライブラリを追加し、

$ pod update

を実行する。