macOSで、Alfredをより効率的に使う方法

0
196


macOS上で最も重宝するアプリの一つがAlfredです。アルフレッドは、macOSのスポットライトの進化版で、「コマンド + スペース」で簡単に呼びし色々な操作を行えます。 Alfredは無料のアプリですが、Powerpackを購入するとさらにパワーアップします。今回は、Alfredを便利に使ういくつかの方法をご紹介します。



macOSで、Alfredをより効率的に使う方法

スニペットによるテキスト展開機能

AlfredにはTextExpanderのようなスニペット機能があり、Alfredのテキストを展開する能力は、Text Expanderよりも確かに弱いですが、基本的なテキスト拡張だけを使いたい場合は、Alfredで十分事足ります。


Alfredの環境設定を起動し、次に機能に進みます。左側のリストにスニペットが表示されます

[キーワードでスニペットを自動的に展開する]チェックボックスがオンになっていることを確認します。

スニペットのコレクションを作成することができます。

ここでは、仕事、家庭、プログラミング、執筆などを分けることができるということです。

コレクションが設定されたら、最初のスニペットを作成します。

名前、キーワード(スニペットをトリガーするために入力するもの)を入力し、スニペットを設定します

高度なトリガーについては、{date}、{time}、{cursor}、{clipboard}を挿入することもできます。

この機能はかなり便利に使えます。これらをトリガーすると、文字をクリップボードに取り、それをMarkdownリンクに変え、テキストをMarkdownに挿入できます。

Finderでのファイルの検索

整理されたDocumentsフォルダを保持している間は、ネストされたフォルダ内を検索してファイルを探したくないことがよくあります。

Alfredでは、「find document name」と入力して、適切な結果を導くことができます。この機能はファイルを開きませんが、正しいFinderの場所を開きます。

ウェブサイトにアップロードしたり、メールに添付したりする必要があるときに、ファイルを開く必要がある場合は、「open document name」を使用sします。

クリップボードの履歴

Alfredは専用のクリップボードマネージャではありませんが、クリップボードを拡張する機能を備えています。また、コマンドキーをダブルタップして、クリップボードの履歴を表示したりできます。クリップボードの内容は、「コマンド+ 1-9」で指定した内容をクリップボードに再コピーできます。

システムコマンド

Alfredは、多数のシステムコマンドを起動できます。それらをすべてご紹介できませんが、ゴミ箱を空にするなどの機能が使えます。

カスタムワークフロー

Alfredは多くのことを行うことができますが、カスタムワークフローを使用してさらに拡張することもできます。

よく使用しているワークフローは、現在のSafariウィンドウをChromeで起動や、クリップボード上のテキストの大文字、小文字などを小文字、大文字などに変換があります。

Alfredのダウンロードはこちら