iPad用デジタルペンシル Logitech Crayonのレビュー!Apple Pencilに匹敵するか?

0
198

今年の初めに、Appleは第6世代のiPadをリリースしました。これはApple Pencilをサポートする最初のiPadです。Appleは、Apple Pencilの代わりに、安価でスタイラスを提供出来るようにするため、AppleはApple Pencilの技術をLogitechに貸与し、8000円ほどで購入できるCrayonデジタルペンシルを発表しました。

最初は、Crayonデジタルペンシルを学校などの機関で提供していましたが、ついにLogitech Crayonの一般販売が開始されます!



iPad用デジタルペンシル、Logitech Crayonのレビュー!

アップルのプレスイベントの同じ日、9月12日から、Logitech CrayonはアップルストアとLogitechのウェブサイトで販売開始されます。

今回、Logitech Crayonについて、Apple Pencilと比較したレビューを掲載します。

仕様

  • 現在、第6世代のiPadでのみ利用可能
  • Apple Pencil Technologyを使用
  • チルトをサポート
  • 圧力感度をサポートしない
  • 自動接続、Bluetoothペアリング不要
  • 電源オン/オフボタン
  • 電源インジケータ
  • 30分後のオートシャットオフ
  • 教室の設定を目的とした頑丈なアルミデザイン
  • 取り外し可能なキャップ
  • 充電のための女性ライトニングポート
  • 2分充電で30分利用可能なバッテリー寿命
  • フル充電で7時間稼働可能
  • 最大4フィートの落下に耐える
  • 1年間の限定保証
  • 価格:8000円程
  • 寸法:6.5 x 0.5 x 0.3インチ
  • 重量:0.7オンス

Apple Pencilとはべつのタイプのスタイラス

Logitech Crayonは、ピクセル完全精度、手の平排除、全体的な応答にApple Pencil Technologyを使用していますが、Apple独自のスタイラスと比較すると、全く異なるユーザー体験を提供します。

まず最初に、Logitech Crayonは、少なくとも第6世代のiPad(レビュー)でのみ動作します。 iPad Proの最新バージョンではまったく動作しないため、iPad Proの場合は、従来のApple Pencilを使用しないといけません。しかし、今後はどのiPadもLogitech Crayonをサポートする可能性は高く、今後のiPad Proのリリースでは、Logitechのスタイラスが使えるようになるかもしれません。

次に、Logitechクレヨンは8000円で、Apple Pencilに比べ5000円ほど安くなります。予算を抑えたい人には魅力的です。

次の大きな違いは、全体的なデザインと品質です。 Logitech Crayonは、Apple Pencilの最小限の外観とは対照的です。アップルペンシルは背が高く円筒形で、光沢のある白い光沢のある表面を特徴としています。また、Logitech Crayonよりも丸いためテーブルを転がる可能性がありますが、それを防止するために重み付けがされています。

Logitech Crayonは、転がらないように平らな形をしており、子供に優しいデザインとなっています。また、明るいオレンジ色のキャップ、電源ボタン、スマートチップが付属しています。充電に使用されているポートを覆うキャップは、Logitech Crayonにつながれているため、紛失する可能性が低くなっています。

Logitech CrayonとApple Pencilのもう1つの違いは、ペアリングと充電の違いです。 Apple PencilのBluetoothペアリングは、Apple PencilのLightningコネクタを対象のiPadに直接接続することで実現します。

Logitechは第6世代iPadと直接接続してペア設定する必要がなくなりました。 Logitech Crayonの上部近くにある電源ボタンを1秒間押し続けるだけで、スタイラスはすぐに接続し使用できるようになります。

Logitech Crayonの充電には、差し込み型のLightning接続を備えている点でApple Pencilとは異なります。つまり、iPad、iPad、AirPodなどと同じように、Logitech CrayonをLightningケーブルにつないで充電することができます。これは、充電にためにiPadと直接接続する必要がないことを意味します。

Apple PencilのようにiPadとペアになってバッテリー状況を確認できないため、代わりに、Logitechはデバイス自体にLEDバッテリインジケータを提供します。電源ボタンを1回押すと、LEDを介してバッテリの状態が表示されます。バッテリーが10%を超えると緑色の光、10%未満の場合は赤色の光、5%未満の場合は赤色の光が点滅します。

Logitech Crayonの使用感

Logitech Crayonは、スタイラス入力をサポートするアプリで、Apple Pencilと非常によく似た感じで使用ができます。たとえば、手のひら拒否機能は、Apple Pencilが同じように機能します。

しかし、持った時のデバイスの全体的な感触は全く異なります。Logitech Crayonは使用するのがより快適だと感じられます。アップルペンシルは表面がツルツルしているため、多くの指で持って強いグリップで書く必要があります。一方、Logitech Crayonは、四角形のデザインで、より多くの手をデバイスの表面に接触させることができ、書くときに固定できます。これは長時間の利用で使いやすいと感じました。

残念なことに、Crayonには、Apple Pencilの大きなセールスポイントである圧力感受性機能がありません。Crayonでディスプレイを押し下げても、ストロークに反省されません。これは、スタイラスを芸術の点で利用するには難があることを示しています。


Logitech CrayonはApple Pencil Technologyをベースにしていますが、これは単なるApple Pencilと同じ機能が必ずしも搭載されているわけでは無いようです。Logitech Crayonは主にノートを取ったりマークアップしたりすることを目的とした、それほど高度な機能でないデジタルペンシルであるかもしれません。

まとめ

メモを取ったり、マークアップしたり、アートでは限られた使い方だけが必要な場合に、Logitech Crayonは魅力的で安価なデジタルペンシルとになります。