インテルの最新CPUは最大16時間のバッテリー稼働を可能に!新しいMacBook&とMacBook Airに搭載か?

0
90

インテルは本日、新しい8世代CPUのUシリーズとYシリーズを正式に発表しました。前者はもともとコードネームのWhisky Lakeで、後者はAmber Lakeと呼ばれていました。いずれも、薄型で軽量のラップトップ用に最適化されています。

インテルは、新しいプロセッサーが軽量のラップトップで「究極のモバイル性能と長時間のバッテリー稼働」を提供できることに焦点を置いているといいます。



インテルの最新CPUは最大16時間のバッテリー稼働を可能に!新しいMacBook&とMacBook Airに搭載か?

まず第一に、Uシリーズ「Whisky Lake」ファミリには、i7-8565U、i5-8265U、i3-8145Uプロセッサが含まれています。 i7-8565Uはベーススピード1.8GHzのクアッドコアプロセッサで、Turboost経由で4.6GHzまで上昇します。

クアッドコアi5-8265Uは、ベース速度1.6GHz、ブースト時3.9GHzでクロック動作します。最後に、デュアルコアi3 – 8145Uは、3.9GHzまでのブーストをサポートして2.GHzでクロック動作します。

インテルのUシリーズプロセッサーは、3つすべてがギガビットWiFiとパフォーマンスを約2倍高速にし、AlexaやCortanaなどの音声アシスタントのオンボードサポートを可能にしているといいます。インテルはまた、Uシリーズのチップは、バッテリ充電時間を大幅に改善し、1回の充電で最大16時間、消費電力を最適化したシステムでは約19時間の稼働を可能にするといいます。

第8世代のIntel Core Uシリーズプロセッサは、統合されたギガビットWi-Fiを薄型で軽量のメインストリームラップトップに搭載可能にし、接続速度を最大12倍まで高速化します。また、PCに比べてWebブラウジングと軽量コンテンツ作成などのオフィス作業のパフォーマンス向上を実現しています。

一方、Intel Yシリーズには、i7-8500、i5-8200Y、およびm3-8100Yがあります。最初の2つは1.5GHzと1.3GHzのデュアルコア製品です。一方、m3-8100Yはベースクロック速度が1.1GHzで、最大3.4GHzのブーストが可能です。

Yシリーズのアップグレードは、Uシリーズほど機能が充実していませんが、IntelはまだWiFiとLTEの高速化とパフォーマンスの “二桁向上”を推進しています。

UシリーズのWhisky Lakeプロセッサは、13インチMacBook Airのような最新のコンピュータで搭載されています。