Pixel 3 XLの詳細情報、新しいGoogleカメラレンズ、BudsスタイルのUSB-Cヘッドホンなど

0
154


Mobile-Reviewは、8月上旬に「anonymous well-wisher(匿名の賢者)」がPixel 3 XLのプロトタイプを公開し多くの仕様情報が流出したといいます。

今朝のリークからも、Googleカメラはさまざまなモードを搭載したカルーセルで再設計されています。ランチャーアイコンは、dogfoodマークに変更されており、ナビゲーション・ドロワーを使用してパノラマ、ポートレート、カメラ、ビデオを切り替える必要はなくなるようです。



Pixel 3 XLの詳細情報、新しいGoogleカメラレンズ、BudsスタイルのUSB-Cヘッドホンなど

Pixel 2では、ポートレートモードでの顔のレタッチは、オンまたはオフのいずれかにすることができましたが、Google Pixel 3 XLはこのオプションを保持しながら、「ナチュラル」と「ソフト」とズームイン機能を追加しています。後部カメラは12.2メガピクセルの解像度となり、フロントカメラは8メガピクセルになります。

一方、Google Lensアプリは、設定で新しい「Google Lens suggestions」が利用出来るようになりました。この機能では、カメラが撮影している空間を分析して何を撮影しているか解析してくれます。

Advancedでは、H.265 / HEVCフォーマットを使用して「ビデオを効率的に保存」する新しいオプションもあります。

最初の見方では、ボックスに同梱されているPixel BudsスタイルのUSB-Cヘッドホンについても詳しく説明しています。同封冊子によれば、ユーザーは中央ボタンを押しながらGoogle Assistantにアクセスでき、ボリュームコントロールも表示されます。

ハードウェア面では、ガラス窓が湾曲し、リアプレートの全周に延在する2トーンのデザインになっています。

直射日光下での画面の明るさは、Samsung Galaxy Note 9と比較して明らかに発色のよいものではありません。「色」設定にはPixel 2 XLにはない新しい「自動」オプションがあります。

ビルド品質はプロトタイプである可能性があり、ソフトウェアはまだ完成していません。