iOS 11、未使用のアプリケーションを自動的にオフにして容量を増やす方法

0
144


ストレージ容量の小さいiPhoneまたはiPad(16GBまたは32GBモデルなど)の場合は、容量がすぐになくなる場合があります。Appleのオペレーティングシステムの現行バージョンであるiOS 11は、この問題を解消すべく素晴らしい新機能を導入しました! 「非使用のAppを取り除く」と呼ばれる機能は、データを損なわずに頻繁に使用していないアプリを自動的に削除します。

この機能でオフロードしたアプリは、アプリの容量浪費せずアプリを維持できます。具体的には、使用していないアプリから一時的にスペースホッギングアプリケーションデータを削除しますが、本格的に使用したいときは再ダウンロードし以前の状態から使用できます。今回は、このアプリをオフロードする機能の使い方をご紹介します。

これはiOS 11の機能なので、iPhoneまたはiPadが最新のOSであることを確認してください。



iOS 11、未使用のアプリケーションを自動的にオフにして容量を増やす方法

[設定]> [一般]> [iPhoneストレージ]を開きます

ここでは、デバイスで現在利用可能な空き容量、カテゴリやアプリの使用容量などのリストを確認できます。

「非使用のAppを取り除く」オプションが表示され、節約可能な容量の見積もりが表示されます。オンにするには、「有効」をタップします

有効にすると、最近使用していないアプリケーションは、プログラムデータが端末から削除されますが、そのアプリのユーザーデータには削除されません。オフロードされたアプリは、ホーム画面にアイコンが残り、検索可能で、アプリリストに表示されますが、デバイス上のスペースを占有することはありません。それらを再度使用する必要がある場合、アプリを起動すると、自動的にダウンロードされ、再インストールされます。

この機能をオフにし、オフロードされたすべてのアプリを再ダウンロードするには、[設定]> [iTunesとApp Store]の順を選択します。そこでは、リストの一番下までスクロールして、「非使用のAppを取り除く」というラベルの付いたオプションをオフにします。

個々のアプリケーションをオフロードする

上記の方法で、iOSはオフロードするアプリ選定を自動的に処理します。手動でアプリを選択したい場合は、個々のアプリをオフロードすることができます。

これを行うには、

設定>一般> iPhoneストレージに戻り、インストールされているアプリのリストを下にスクロールします。オフロードしたいアプリを見つけてタップして選択します

次の画面には、アプリデータとユーザーデータの両方が占める容量が表示されます。手動でオフロードするには、「Appを取り除く」をタップします。

取り除いたアプリを再インストールする方法

自動または手動でオフロードされたアプリは、上記のアプリの情報ページで、アプリの再インストールを選択し、いつでも再ダウンロードできます。


また、オフロードされたアプリをiOSのホーム画面から選択して、ダウンロードすることもできます。現在オフロードされているアプリには、名前の横に小さい雲アイコンが表示されます。