Apple Pay、ユーザーが2億5200万人に!トランザクションの成長率は200%!

0
140


Loup Venturesのアナリスト、Gene Munster氏が最近発表した新しいApple Payの報告書によると、前年に、iPhoneユーザーの約31%は、Apple Payを使用しているといいます。

Munster氏によると、Apple Payの現在のユーザー数は2億5200万人で、インストールされているアクティブなiPhoneベースの31%に相当する。



Apple Pay、ユーザーが2億5200万人に!トランザクションの成長率は200%!

アップルのCEO、ティム・クック氏は、2018年第3四半期にApple Payの決済トランザクションが10億件以上増加したと発表した。

これらの数字と過去のApple Payの伸びを合わせたレポートから、Munster氏は今後12ヶ月間でトランザクションの成長率が200%になると予想しています。


銀行でのApple Pay採用も着実に増えており、Appleは4,900の銀行がこの機能をサポートしていると発表した。 Apple Payに対応している銀行の数は、北米で55%、アジアで141%、ヨーロッパで370%と、12月期から1,701行増えている。

Munster氏は、世界中のスマートフォンユーザーの20%しかモバイルウォレットを使用していないと予測していますが、これは、今後80%に増加すると予測されています。

Appleは、iPhoneをデスクトップ、アプリ、ピアツーピア、POS(Point of Sale)として利用できる、5つの支払い機能を備えた唯一のプレミアムデジタルウォレットと位置付けようとしている。

Munster氏によると、Apple Payは海外で人気があり、海外ではiPhoneユーザーの85%が利用しており、米国では15%となっているという。Apple Pay利用者は米国で3800万人となっています。


Apple Payは、現在、米国、英国、オーストラリア、カナダ、シンガポール、スイス、香港、フランス、ロシア、中国、日本、ニュージーランド、スペイン、台湾、アイルランド、イタリア、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、UAE 、ブラジル、ウクライナ、ノルウェー、ポーランドで利用可能で、今年後半にはドイツでも使えるようになる予定です。