Google Chromeは、Windows 10のネイティブ通知に対応

0
492


Google Chromeは多くのユーザーのお気に入りのブラウザで、ほぼすべての主要なプラットフォームで動作します。Googleは、主要なプラットフォームの機能に応じてChromeをより自然に使えるよう機能を拡充してきています。今回、Windows版Chrome 68では、Chromeをより自然につかえる機能拡充がされています。



Google Chromeは、Windows 10のネイティブ通知に対応

Chromeは数年にわたってWindowsで利用可能で、今回、Windowsの通知機能に対応しました。最近のWindowsでは、OSの通知配信機能が大きく改善されてきていましたが、Windows版Chromeの進化は遅れており、以前は独自の通知システムを使用していました。

今後のChromeでは、デフォルトでWindowsのアクションセンターで通知が送信されます。 ThurrottはWindowsユーザーのためにこの機能の大きな利点をいくつか説明しています。

Windows 10のネイティブ通知を使用するChromeでは、Windows 10のカスタム通知設定をブラウザに適用できるようになりました。表示される通知の数と、アクションセンターでの優先度を制限することができます。また、Windows 10のフォーカスアシストモードにも対応しています。

現在、この機能はWindowsのChrome 68ユーザーの約50%に展開されています。