iPad Pro 2018のCADデータが流出!スマートコネクタの新しい場所が判明

0
168

iPad Proは今年、アップグレードが予定されており、この秋の大きなリニューアルを予定しています。現在の10.5インチと12.9インチのモデルを置き換える予定の11インチと12.9インチiPad Proは、iPhone Xのデザインを引き継ぐことが予想されています。それはスーパースリムなベゼルを特徴とし、Face IDを搭載し、ホームボタンがなくなる予定です。



iPad Pro 2018のCADデータが流出!スマートコネクタの新しい場所が判明

前回の報告では、スマートコネクタが再設計され、場所が移動する事が予想されていました。 今回、OnLeaksが提供するCAD画像からもスマートコネクタの再設定が明確にわかります。

OnLeaksのCAD画像では、iPadの背面に新しい輪郭デザインを確認できます。また、デバイスの背面に移動したスマートコネクタは、ライトニングポートのすぐそばに移動されています。

現在のiPad Proモデルでは、スマートコネクタは横向きのカーブしたエッジに配置されています。

この最新のCAD画像で示されているようにスマートコネクタが新しい場所に移動すると、現在のスマートキーボードとは互換性がなくなります。

また、再設計されたスマートキーボードが、デバイスの背面にあるスマートコネクタとどのように接続できるかはすぐには分かりません。

Face IDの大幅な再設計に加えて、新しいiPad ProモデルにはAppleの次世代A12プロセッサが搭載される予定です。 新しいiPadは9月のイベントで公開されることが予測されています。