次世代iPad Proのコンセプト、薄型ベゼルと丸みを帯びたディスプレイとFace ID対応

0
203

以前に、すっきりした 'macOS 11'のコンセプトを共有していたDesignerÁlvaroPabesioは、今日、新しいiPad Proのコンセプトを発表しました。この製品コンセプトには、iPhone Xのような丸みを帯びたディスプレイコーナー、Face ID、iPhoneアプリなどに対応した新しいマルチタスクオプションが含まれています。



iPad Proのコンセプト、薄型ベゼルと丸みを帯びたディスプレイとFace ID対応

フルスクリーンのiPad Proレンダリングイメージを見たことがありますが、この新しいコンセプトは、美しく、今までにないものです。

ほぼベゼルレスなディスプレイから、このコンセプトでは、現在の10.5インチiPad Proで11.9インチのディスプレイが搭載されています。もちろん、これを実現するために、デバイスの周りには、均一の最小ベゼルがあります。ノッチ部分はありません。

Face IDに関しては、第2世代のデプスカメラを想像しており、4人の顔の認識、水平認識、およびより広い範囲に対応しています。


このコンセプトのもう一つのアップグレードでは、デュアル12MPリアカメラがあり、ポートレートモードを初めてiPadに対応させています。


この画像で、背面はガラス筐体のように見えます。現在のiPhone Xのスペースグレーよりも暗い色合いです。


もう1つ注目すべき点は、iPhoneアプリをiPad Proに移植した、滑らかなマルチタスク機能です。