Rogue Amoeba、Mac用に洗練されたサウンドボードアプリ、Farragoを発表

0
329

Rogue Amoebaは、macOS用に高品質のオーディオツールを作成することで知られています。今回、Rogue Amoebaは、ポッドキャスターやシアター技術者向けに作られたMac用サウンドボードアプリ、Farragoをリリースしました。



Farragoについて

FarragoはMacでサウンドビット、オーディオエフェクト、ミュージッククリップを素早く再生できます。 ポッドキャスターはFarragoを使ってレコーディングセッションの伴奏とサウンドエフェクトを、シアターテクニシャンはライブショーのオーディオなどを演奏できます。大規模なサウンドライブラリーへ、迅速なアクセスが必要な場合でも、定義済みのオーディオリストを使用している場合でも、Farragoはサポートが可能です。

Macアプリには直感的なグリッドがあり、オーディオクリップの並べ替えや積み重ね、さまざまな用途のためのサウンドビートのコレクションの作成が可能です。

Farragoでは、グローバルなホットキーの組み合わせにサウンドを割り当てて、キーボードショートカットで任意のクリップを呼び出すことができます。また、サウンドビートをライブラリに保存して、別の場所で管理する必要もありません。

このアプリでは、イントロ、アウトロ、セグメント間で定期的に音響効果を使用するポッドキャスター、そしてMacでオーディオを実行するラジオ放送局やのシアターテクニシャンを対象としています。

Farragoは無料でダウンロードして試すことができ、1ユーザーライセンスあたり49ドルで購入することが可能です。

Rogue Amoeba | Farrago: Robust, rapid-fire soundboards