watchOS 5、Apple Watchのブラウザでインターネットを閲覧する方法

0
995

watchOS 5で最大の改善点の1つは、かなり限定された機能になりますが、Apple Watchでインターネットを閲覧することができる点です。Apple WatchにはSafariの公式アプリやウェブブラウザはありませんが、watchOS 5で提供される新しいWebKit APIを使用してアクセスすることが可能です。

watchOS 5でインターネットの閲覧は理想的ではなく、あくまで回避策であるとおもってください。インターネットの閲覧はバッテリーの消費が激しく、10分以上の閲覧でバッテリーがほぼなくなってしまう可能性があります。



watchOS 5、Apple Watchのブラウザでインターネットを閲覧する方法

訪問したいサイトのリンクを、iMessage経由で送ります。
また、Google.comやお気に入りの検索エンジンから始めることもできます

通知を受けとり、メッセージスレッドのリンクをタップすると、小さなウェブビューが開きます

最新のApple Watch Series 3であっても、Apple Watchでの閲覧はまだかなり遅いことに注意してください

読み込みが完了したら、基本的に何でもできます。 YouTubeなどのビデオサイトは現在サポートされていません。watchOSは積極的にSafari Readerモードを使用し、できるだけ効率を上げるようになっています

ウェブを長時間、閲覧することはできませんが、WebKitをApple Watchに追加すると、情報にすばやくアクセスできます。Apple Watchでウェブを閲覧するとバッテリーが大幅に消費されるため、現状ではかなり制限されています。たとえば、モバイル向けに最適化されていないサイトは厳しい状況で、時にはApple Watchで動作しない場合があります。もう1つの制限は、URLバーにはアクセスできません。