アナリストは、Appleが2019年までに全iPhoneにOLEDを採用できるか疑問

0
125

来年、Appleは、全iPhoneラインナップをOLEDに移行させる予定だとサプライチェーンレポートが報道され、大幅な株価変動を引き起こしました。

しかし、一部のアナリストは、AppleがOLEDに完全移行できるかについて疑問視しています。



アナリストは、Appleが2019年までに全iPhoneにOLEDを採用できるか疑問

サムスン、日本ディスプレイ、シャープ、ユニバーサルディスプレイのすべてが、このレポートの影響を株価で受けました。しかし、ブルームバーグは、3つの企業のアナリストは懐疑的だと報告しています。

JPモルガンのアナリストジェイ・クォン氏は、まず、安価なLCDモデルは、今年のアップル戦略の重要な部分であり、来年までに変わる見込みはないと語った。

第二に、Yuanta Securities Investment Consultingのアナリスト、Jeff Pu氏は、Appleが3つのモデルの需要を満たす、十分なOLEDパネルを確保する事が難しいだろうと語りました。

Appleが販売する膨大な量(2017年は、2億1,600万台)を考慮すると、iPhone用の有機発光ダイオードスクリーンだけを使用するだけでも難しいだろうと考えられます。Samsung Electronics Co.の一部門であるSamsung Display Co.は、アップル社のディスプレイを製造していますが、アップル社向けにディスプレイの製造を制限しています。 LG Displayのような他のOLEDスクリーンメーカーは、Samsungのような量産能力があるか微妙なところです。

最後に、Goldman Sachsのアナリストは、ジャパンディスプレイをはじめとする数多くのサプライヤーの最近の財務指針では、Appleが2019年まで、LCDの継続的な利用を指していると考えている。Dai Takamama氏とJie Dai氏は「株価は過度に反応している」と示唆している。

IHS Markitのアナリスト、Jerry Kang氏によると、Apple自身もそのサプライヤーも、OLEDへの動き自体は避けられないと考えているが、タイミングは不確実である可能性があります。

アップル社はiPhoneにフルOLEDを搭載する計画だが、2019年までに起こるかどうかは疑問だ。

OLEDにかかわらず、アップルはもう一歩先を見据え、後にmicroLEDスクリーンへの移行を計画している。