iPhoneとiPadで、キャッシュをクリアする方法

0
1807

iPhoneやiPadでは、意外とすぐにキャッシュがたまり容量がなくなることがあります。 今回は、iOSのブラウザ、Safariやサードパーティアプリから、iPhoneとiPadの空き領域を空ける方法をご紹介します。

Safariでキャッシュをクリアするのはすばやく簡単ですが、サードパーティアプリによっては、キャッシュのクリア方法が異なる場合があります。最初にiPhoneとiPadでSafariキャッシュを削除する方法をご紹介し、他のアプリのキャッシュ削除方法をご紹介していきます。



iPhoneとiPadでキャッシュをクリアする方法

Safariでキャッシュを削除する方法

設定を開く
下にスワイプしてSafariをタップします
もう一度下にスワイプして[履歴とウェブサイトデータを消去]をタップし、確認ボタンタップして削除します。

また、Safariキャッシュ全体を消去せずに、個々のウェブサイトからデータを消去したい場合は、[詳細]、[ウェブサイトデータ]、[編集]の順にタップします。

サードパーティアプリでキャッシュを削除する方法

サードパーティアプリのキャッシュをクリアする方法は、アプリごとに異なります。下に見られるように、SlackのようなものはiOSの設定、アプリの設定で削除オプションを提供していますが、Facebookのようなものはそうではありません。アプリの設定を確認してオプションを確認する必要があります。

クリアキャッシュボタンを提供しないアプリの場合、アプリを削除して再インストールする方法が別の手段になります。

あなたは常に設定→一般→「iPhoneストレージ」を見て、サードパーティアプリの利用容量をみて、どのアプリを優先して消すか判断することができます。