Googleは、Android Pを発表!ジェスチャーナビゲーション、アダプティブバッテリーなどを搭載

0
550

3月のAndroid P最初のリリースは、開発者専用の新機能を発表することに重点を置いていました。 I / O 2018では、Android Pの新しいジェスチャーナビゲーション、AIを使用して最適化する適応型バッテリー、デジタルウェルビーイング機能など、ユーザーフレンドリな機能が発表されています。インテリジェンス、シンプルさ、デジタルウェルビーイングがAndroid Pの目玉機能です。



Googleは、Android Pを発表!

インテリジェンス

AIは、オペレーティングシステムの中核であり、Googleは、Deep BatteryのリリースでDeep Mindと協力して作業しています。この機能は、最も多く使用するアプリやサービスのバッテリ電力に優先順位を付けるための機能です。

一方、アダプティブブライトネスは、デバイス内の機械学習を使用して、手動で輝度を調整する必要がないようにします。 MLキットを使用することで、開発者はイメージラベル、テキスト認識、および顔検出にアクセスできます。

一方、Android Pは、ユーザーが起動する次のアクションを予測しています。これは、ユーザーがプラグインヘッドフォンを使用したときに自動的に音楽を鳴らすなど、Androidランチャーの一番上にある推奨アプリに基づいています。アプリアクションは、Google検索、スマートテキスト選択、プレイストア、コースアシスタントなど、OS全体で使用できます。

スライスを使用すると、インストールされたアプリUIのインタラクティブスニペットを検索結果を含むOS全体に表示できます。たとえば、検索で「ハワイ」を検索すると、Googleフォトの画像がスライスされます。さらに、Lyftの検索には、価格、時間、および搭乗を速やかに行う事ができるインタラクティブスライスが含まれます。

シンプリシティ

Android Pは、新しいナビゲーションバーから始める「シンプルさ」を重視しています。単一の「クリーン」ホームボタンを上にスワイプすると、アプリが全画面プレビューを持つように、新しいデザインのマルチタスクメニューが開きます。

デジタルウェルビーイング

デジタルウェルビーイングはAndroid Pの第3のテーマです。ダッシュボードは、アプリの使用頻度、携帯端末のロック解除、受信した通知をメモします。ユーザーは任意のアプリの内訳を見ることができますが、アプリのデベロッパーはこのアプリ情報ページの専用セクションに直接リンクすることができます。

App Timerを使用すると、毎日アプリを使用する頻度を制限したり、Nudgeを使用して制限に近づいたときにユーザーに通知することができます。一方、その制限が満たされると、残りの日はアプリアイコンがグレー表示されます。夜間に、Wind Downを使用すると、画面のグレー表示などの機能を使用して、ユーザーがスリープ状態に入るのを防ぐことができます。