LG G7 ThinQがついに発表! 6.1インチのノッチ付きディスプレイ、Snapdragon 845、Google Assistant / Lensボタン付き

0
322

LG G7 ThinQについて多くの噂を耳にしてきましたが、LG G7 ThinQがついに公式に発表となりました。今朝のNYCでのイベントに続き、LGは正式にLG G7 ThinQをデビューさせています。



LG G7 ThinQがついに登場

まずはスペックですが、 LG G7 ThinQには、クアルコムのSnapdragon 845プロセッサと、4GBのRAM、64GBのストレージ、Android 8.0のOreoが搭載されています。それはかなり堅実なパッケージで期待通りの内容です。

コア処理に加え、クイックチャージとワイヤレス充電機能を備えた3000mAhのバッテリー、Bluetooth 5.0、IP68の防水/防塵、USB-C、MIL-STD 810G耐久性、32ビットHi- Fi Quad DACをヘッドフォンジャックに接続できるようになっています。

LG G7 ThinQは6.1インチのディスプレイを備えています。そのディスプレイは、3120×1440のLCDパネルであり、ノッチが画面上部にあります。このディスプレイの注目すべき機能の1つは、1,000ニットまでの輝度をランプできる「スーパーブライト」モードを搭載していることです。

LGはG7 ThinQで2つの目玉機能に焦点を当ており、一つ目はAIです。 G6以来、見てきた同じLGソフトウェアを引き継いだこの機能には、撮影しているものに基づいてカメラの設定を調整する新しいAI機能がいくつか搭載されています。

カメラシステムは、f / 1.6の16MPプライマリセンサと、フレーム内でもう少し多くを得るためのf / 1.9の広角107°16MPシューターで構成されています。正面には、8MP f / 1.9センサーもあります。

LG G7 ThinQには、Googleアシスタントを開くための専用のボタンがあり、右側には音量キーがあります。プレスリリースでは、LGはまた、G7 ThinQは新しいGoogle Lensの機能を搭載した「最初のデバイスの1つ」になると述べています。この専用のボタンを素早くダブルタップしてLensを起動することもできます。

ここで注目すべきもう一つの仕様は、指紋センサに後面の電源ボタンが組み込まれていないことです。むしろ、LGはデバイスの側面にそのボタンを置く伝統的な道を選択しました。

オーディオは、G7 ThinQのもう一つの大きな側面です。改善されたDACでヘッドフォンジャックがまだ搭載されており嬉しい仕様となっています。LGもスピーカーの改善に取り組んでいます。今週の新しい「Boombox」システムでは、音が大きいだけでなく、低音も深く感じられます。

LGはまだG7 ThinQがいつ販売されるのか、価格については明らかにしていない。