macOSのホットコーナーを使用して、通知センター、デスクトップなどへ素早く移動する方法

0
165

MacOSには、意外と知られていない機能があり、その一つであるホットコーナー機能は、ディスプレイの四隅のそれぞれにアクションを割り当てることができます。アクションを割り当てるとカーソルを指定されたコーナーに移動するだけで、そのコーナーに割り当てたアクションが起動します。

ホットコーナーを利用して、通知センターにすばやくアクセスしたり、最近保存したファイルにアクセスするためにデスクトップを素早く開くなどが可能です。これらのタスクを実行できる方法に、キーボードショートカット、ボタン、ジェスチャーなどがありますが、いずれの方法もカーソルの動きだけでは完結しないため、カーソルの動きだけで完結できるホットコーナーは便利な機能になります。

ホットコーナーは、現在、ミッションコントロール、アプリケーションウィンドウ、デスクトップ、ダッシュボード、通知センター、またはランチパッドの表示、スクリーンセーバーの開始または無効化、ディスプレイのスリープ状態の表示など、いくつかのアクションで使用できます。ただし、アクションは特定のコーナーに限定され、4つのコーナーしか使用できないため、一度に4つのアクションしか使えません。



macOSのホットコーナーを使用して、通知センター、デスクトップなどへ素早く移動する方法

ホットコーナーを有効にするには、システム環境設定アプリへいきます

Mission Controlsを開き、左下にある「ホットコーナー…」ボタンをクリックします

もう一つの行き方は、

システム環境設定アプリへいきます

デスクトップとスクリーンセーバーを開き、スクリーンセーバータブの、右下の「ホットコーナー」ボタンをクリックします

あとは、ホットコーナーの設定画面で4隅のプルダウンから呼び出したいアクションを選択します

開いているウィンドウを移動したり、デスクトップを開く、トラックパッドジェスチャーもありますが、ファイルをドラッグ&ドロップするときには、より多くの指が必要になるため、このホットコーナー機能が役に立ちます。

私は、頻繁に画像とアプリ、デスクトップの間でファイルを移動するため、ファイルにアクセスするだけでなく、ウィンドウを開く作業が不可欠なため、ホットコーナー機能を重宝しています。