iOS 11で、iPhoneまたはiPadの明るさ自動調整を無効にする方法

0
355

自動明るさ調整は、iOSデバイスに内蔵された周囲光センサーを使用した便利な機能です。最近、iOS 11では、この機能を有効にしたり無効にしたりするために設定トグルを非表示にし、設定変更がすこし難しくなりました。今回、iPhoneやiPadで自動明るさ調整を無効にする、もしくは有効にする方法についてご紹介します。



iOS 11で、iPhoneまたはiPadの明るさ自動調整を無効にする方法

設定 > 一般 > アクセシビリティに進みます。

ディスプレイ調整 に進みます。

明るさの自動調節オプショントグルで、オンとオフを切り替えます。

Appleは、自動輝度を無効にすると電池の寿命に影響を与える可能性があるとの注意書きを記載しています

以前のバージョンのiOSと同じくらい簡単に見つけることができない場所に移動してしまいましたが、設定はまだ可能です。

明るさの自動調整が間違っている(明るすぎたり暗すぎたりする)場合は、明るさを自動調整がオンの状態で調整すると、iOSが自動的に調整内容を学習し、次回、同じ環境で同じ明るさで表示することが可能になります。

明るさの自動調整をを有効にするメリットはあまりないように感じますが、何らかの理由で機能を無効にしたい場合は可能です。