グレート・ホワイト・シャークの攻撃をうけるトライデント潜水艦ドローンのビデオ

0
300

グレート・ホワイト・シャークは昨年末、メキシコ、イスラ・デ・グアダルーペでトライデント・ベータ・ユニットの潜水艦ドローンを襲いました。ドミニク・フレッツはトライデントのベータユニットをサメの侵入した水域でテストしていました。水中ドローンは恐ろしい姿を撮影し、そのビデオが公開されています。



グレート・ホワイト・シャークの攻撃をうけるトライデント潜水艦ドローンのビデオ

メキシコのバハ・カリフォルニア半島の西海岸から150マイル離れた、太平洋にある小さな火山島イスラ・デ・グアダルーペは、ホワイト・シャークに遭遇できる場所として知られており、南アフリカとオーストラリアに並ぶサメの名所となっています。

トライデントの水中ドローンは2015年にKickstarterで初めて公開されました。資金提供キャンペーンは成功し$ 815,601を達成、当初の目標$ 50,000を大幅に超えました。

トライデント水中ドローン

毎年大きなグレート・ホワイト・シャークはマグロとゾウアザラシを捕獲するためにグアダルーペ島の海に来ます。メキシコの法律の下で動物は保護されているため、国立公園サービスの職員がエコツーリズムボートにオブザーバーとして加わっています。音響タグ、衛星送信機、写真ID、水中ドローンの助けを借りて、科学者はサメの行動と個体群を研究しています。


サメは非常に洗練された感覚を持ち、水中の振動、動き、電場を検出することができ、トライデント水中ドローンを発見しました。

トライデントの水中ドローンは、野生生物、この地域では、ホワイト・シャークの研究に使用されている新しいツールです。海で安全でないダイバーの代わりにドロンを使用することはメリットが大きく研究者にとってより安全です。

サメやトライデントドローンが傷つくことなくビデオの制作が完了しています。