iPhoneのロック解除会社GrayKeyがコードスニペットリークに

0
95

GrayKey iPhoneロック解除ボックスは、3日以内に、ほぼ全てのiPhoneのパスコードロックを解除することができるツールで、警察関係者が捜査に利用しています。今、GrayKeyの販売会社は独自の問題に直面しています。



iPhoneのロック解除会社GrayKeyがコードスニペットリーク

最近、GrayKeyコードの一部がインターネット上記に流出し、GrayShift(販売会社)は大きな問題に直面しています。

コード自体は特に敏感になるような内容ではないようですが、Grayshiftはリダイレクト機能の実行につながる簡単なコードデータが流出していることを確認しています。

もともとこの情報を掲載していたサイトは削除されましたが、Googleのキャッシュバージョンはまだインターネット上に表示しています。

情報のリーク元は、チーク情報を元に、Grayshift社へ金銭を要求しているようです。

We are a ‘business group’ looking forward to bring into your attention the fact that we HAVE obtained the source code for your product GrayKey and would appreciate any donation above 2 BTC [~$19,000 on Tuesday],”

私たちはあなたの製品GreyKeyのソースコードを入手し、2 BTC以上の寄付をいただける事を楽しみにしている「ビジネスグループ」です。

メッセージはまた、GrayKeyコードの異なる部分を継続して公開しています。 GrayKeyはiOSの最新バージョンで、iPhone Xを含む最新のiPhoneのパスコードをロック解除し、バイパスすることができます。

Grayshift社は、顧客サイトで、ネットワークの設定ミスによってコードが流出したとコメントしています。。

顧客サイトでのネットワークミスのため、GrayKeyユニットUIが、今月初めに短時間、インターネットに公開されてしまったようです。

この間、何者かがUIを構成するHTML / Javascriptにアクセスし、情報を入手しています。GrayKeyが判明した時点で問題箇所を修正していたため、機密IPやデータは公開されませんでした。