iMessageをサポートしているAndroidアプリ登場⁉︎

0
226

長年にわたって、多くの開発者がさまざまな方法を駆使してiMessageをAndroidデバイスでも使えるようにしようと試みてきました。今日、iMessageをAndroidにもたらす新たな試みが登場しています。

weMessageは、MacをiPhoneとAndroid phoneの中間的なハブとして使用し、Apple以外のデバイスにiMessageを連携する事ができるAndroid用の新しいアプリです。基本的に、macOS用のweServerコンパニオンアプリは、最初のiMessageを処理してAndroidデバイスに中継します。逆もまた同様です。

weMessageの開発者は、自分のアプリケーションを起動して実行させるために、macOSのいくつかのアクセシビリティ機能を利用していると説明しています。

weMessageは、Appleの開発ツールを使用してメッセージアプリケーションに接続し、メッセージ送信を実行するユーザー補助機能を有効にして動作します。このアプリケーションの作成にはゼロリバースエンジニアリングが含まれていたので、送信されるすべてのメッセージは正当なものになります。

まだ、iMessageを使用するためにAppleデバイスを使用する必要があるため、完璧なものではありません。

ここにプライバシーに関する懸念がいくつかあります。 1つは、サードパーティのサービスを通じてメッセージを送信するときはいつでも気をつけなければなりません。 weMessageはAES暗号を使用していると述べていますが、慎重に進めることを推奨します。さらに、すべてのメッセージはAndroidへの通知を有効にするためにGoogleのFirebaseプラットフォームにアップロードされます。

weMessageでは、グループチャット、通知不可、添付ファイルなどのサポートもあります。

このアプローチは、昨年のオープンソースプロジェクトに似ています。これは、Macを中間者として使ってAndroidにiMessageのサポートを可能にすると主張しています。去年のWWDCでは、AppleがiMessageを正式にAndroid用に立ち上げることが発表されていました。