Google アルファベットは、2018年第1四半期の売上高が311億ドルで予想を上回る

0
170

Googleの親会社、アルファベットは2018年の第1四半期の業績を発表し、昨年の同四半期から261億ドルの利益を計上した。これらの数字は1月から3月にかけてのもので、アナリストの予想を上回り、株式は時間外取引で約1.7%上昇しました。



アルファベットは、2018年第1四半期の売上高が311億ドル

収入は2017年第1四半期の247億ドルから26%増加し、当期純利益は94億ドルとなりました。比較のため、アルファベットは、米国税務申告書のために、第3四半期の売上高は233億ドル、第3四半期の純利益は3億ドルの損失を計上した。

Alphabet CFOのRuth Poratは次のように述べています。

「私たちには、前向きな機会があり、強い成長が確実に投資に結び付いています。」

株式はアルファベットの1株当たり利益が9.93ドルとなり、予想は9.27ドルでしたので、1時間の取引の1.7%増となった。

この四半期は、アルファベットの収益報告の変更点で注目されていました。NestがGoogleに合併し、子会社とはみなされなくなっています。

財務的には、ネストの結果は、残りのハードウェア、Playストア、企業の取り組みを含むGoogleの「その他の収益」に組み​​込まれるようになります。

今四半期は43億ドル、前年同期は32億ドルでした。一方、財務の変化を考慮すると、Nestは2017年に約7億2,600万ドルの収益を上げたと判断できます。

また、株式保有投資の変更は、上場会社および非上場企業の両方へのアルファベット投資に関連して会計処理されています。最後に、第三者サイトからの収益の報告方法も変更されました。

その他の項目は、徐々に収益を増やしている。 VerilyとFiberが主に発生した1億5000万ドルの収益を計上し、前四半期の7億7400万ドルから5億7100万ドルの営業損失を計上しました。