新しいGmailスパムメールは、自分のアカウントで自分自身にメールを送信しているように見せかけ、迷惑メールフィルターを突破

0
306

Gmailのフィルタ機能は、通常、受信トレイに迷惑メールが入るのを自動的に防ぐため優れた機能になっています。しかし、最近登場した、新しい変種のスパムメールは、自分自身のアカウントから、メールを自分自身に直接送信しているに見えるように見せかけることで、迷惑メールフィルターの保護を巧みにすり抜けるようになっています。



新しいGmailスパムメールは、自分のアカウントで自分自身にメールを送信しているように見せかけ、迷惑メールフィルターを突

過去24時間に多数の報告があり、公式のGmailヘルプフォーラムにはこの件のスレッドが数十件掲載されています。基本的に、メールは受信トレイに到着しています。受信トレイには「Me」が、受信トレイにはプロフィールアイコンが表示されます。

メインビューでは送信者名が自分のアカウント名になっていますが、メッセージを開くと別の送信者にかわることに注意が必要です。メールアドレスは「From」行に記載されます。

この迷惑メール送信者は、おそらく受信するメールアドレスを偽装し、スプーフィング(IPアドレスを偽装して)して外観を与え、カモフラージュした状態で送信されています。

フォーラムの報告によると、パスワードをリセットしたユーザーでも、その後、これらの不正な電子メールを引き続き受け取っています。一方、疑わしいログイン・チェックでは、第三者がアカウントに不正にアクセスしたようには見えず、警告が通知されないケースが発生しています。