Googleフォトは、Android用のボトムバーを再編成!メインタブとビューの優先順位付け機能

0
212

Googleフォトでは、新たに高度な映画エディタを展開し、ボトムバーのマイナーな再編を行っています。バックアップサービスは、興味深いことにアシスタントを犠牲にし、アプリのメインビューに優先順位付け機能を追加しています。



Googleフォトは、Android用のボトムバーを再編成

Androidアプリが2016年の初めにボトムバーに切り替えられたとき、Android版Googleフォトはメインの写真タブに、時系列の画像タイムラインを中央に配置するようにしましたが、2番目のハイライト表示されたタブは厄介なものでした。

数週間前にA / Bテストを実施していたようですが、新しいアップデートは今日一般公開されています。「アシスタント」タブはもはや最初のタブではなくなりました。アプリのメインビューのリード、続いて「アルバム」、そして「アシスタント」が続く配置となっています。 「共有」は右端の最後の位置になります。

これは非常に微妙な調整ですが、ウェブ上のGoogle Photosクライアントとマッチしています。

この再デザインが反映されていない場合は、アプリを終了し、マルチタスクから削除して、変更のを確認してください。バージョン3.18を実行している、すべての端末に公開されています。