Grasshopperは、ミニゲームを通じてJavaScriptを学習できるアプリ

0
242

Googleの社内インキュベーターArea 120はGrasshopperというアプリをリリースしました。このアプリは、楽しいミニゲームでJavaScriptをコーディングする方法を教えてくれます。このアプリで作業しているコーダーによれば、JavaScriptの習得はますます必要なスキルになってきているため、コーディングを楽しく学べるように開発しているといいます。



Grasshopperは、ミニゲームを通じてJavaScriptを学習できるアプリ

アプリは一口サイズのパズルやクイズで動作します。余裕を持って毎日のレッスンを楽しむことができます。 Googleアカウントでログインし、基本的なコーディング定義を確認した後、演習を開始します。進むにつれて、パズルが複雑になります。アプリは、練習スケジュールを設定し、リマインダーを毎週または週に2〜3回にしたいか設定できるため、最近学習したスキルを失うことはありません。

Grasshopperは、関数、変数、文字列などの関数を含む「The Fundamentals」と呼ばれるものから始まります。それが新しいコンセプトで練習で、いくつかのパズルを取得します。たとえば、初期のパズルでは、フランスの国旗を描くように求められます。これはソリューションの外観を示しています。次に、コードのブロックをタップしてスクリプトを作成して複製するスペースを示します。後のコースは、よく知られているD3ライブラリを使用し、アニメーションとより複雑な機能をカバーします。

多くのモバイルゲームで実装されている報酬構造を構築できるよう、Grasshopper内には成果のセクションもあります。ここでは、アンロックしたコンセプトの数、使用したJavaScriptキーの数、現在のコーディングストリークの長さを確認できます。

チームは新しいレッスンの追加やカリキュラムの拡張に取り組んでいるとしていますが、JavaScript以外の言語対応は計画していません。このアプリのサイトメモによると、JavaScriptは専門の開発者の70%以上が利用しており、「GrasshopperはJavaScriptを使用して、ほとんどすべてのプログラミング言語に共通する基本的なプログラミングの概念を教える」ものだといいます。

Grasshopperは、GoogleのPlayストアとAppleのApp Storeの両方から無料でダウンロードできます。

Grasshopper: Learn to Code
教育, パズル, ゲーム無料