Things、iOSとmacOS版アプリを3.5にアップデート! Copy&Paste Magic、Zapier統合など

0
298

昨年の夏にThings 3をリリースして以来、このタスク管理アプリは、Siriの統合や最近紹介されたMail to Things機能など、いくつかの重要なアップデートを行いました。

最新のリリースであるThings 3.5は、「Copy&Paste Magic」、拡張されたTodayウィジェット、Zapier統合など、新しい機能と改良が追加されています。



Things 3.5の最新機能

Things 3.5は今日、iPhone、iPad、Mac用にリリースされ、

  • 折りたたみ可能な領域
  • コピーアンドペーストによるエントリの作成方法
  • 既存のアイテムを他のアプリで変更するためのUPDATEコマンド
  • Mail to Thingsに基づいたZapierの統合

などを追加しています。

新しい折りたたみ可能領域機能では、タップでメインビューからプロジェクトを隠すことができ、新たに更新されたThingsウィジェットには、チェックリストとリマインダー用のインラインアイコン、This Eveningのアイテムの月、プロジェクトの進行中のパイが含まれるようになりました。

タグサポートは、iOS上でタグを検索する機能、検索でネストされたタグの結果を返す機能、タグフィルタとして 'タグなし'を返す機能も向上しました。

コピー&ペーストマジックについては、Things 3.5の紹介文があります。

新しいアプリケーションを作成するために、他のアプリからテキストを貼り付けることができます(複数のテキスト行で複数の作業が作成されます)。

To-doのタイトルフィールドに複数行のテキストを貼り付ける。最初の行はタイトル、残りは注釈になります。

Macの新機能:予定、見出し、プロジェクトをコピーして他のアプリに貼り付けることができます。

Macの新機能:予定、プロジェクト、見出しをコピーして、物事内の他のリストに貼り付けます。

Macの新機能:テキストをThingsウィンドウにドラッグして、新しいDo-Doを作成します(Finderからのファイル、Contactsからのファイル、Mailからの電子メールなどもドラッグできます)。

Macの新機能:Cmd + Cを押してから新しい "Move Here"ショートカットを使用して項目を他のリストに移動します:Cmd + Option + V。

iOSでは、(v)メニューの右下に新しい貼り付けオプションがあります。

Things 3.5は、何千もの作業項目を含む大規模なプロジェクトを処理するのに優れていて、毎日反復作業を生成することで作業速度が向上します。

MacBook ProのTouch Barユーザーは、ボタンの配置をカスタマイズしたり、未使用のボタンを削除したりすることもできます。

Things 3
仕事効率化, ビジネス¥1,200