Apple OS用、watchOS 4.3.1 beta 2が公開

0
122

アップルウォッチ用のwatchOS 4.3.1 beta 2は、開発者テストのために利用可能になりました。新しいアップデートには、目新しい新機能があまりありませんが、古いアプリを起動すると新しい警告が表示されます。



watchOS 4.3.1 beta 2

Appleは、watchOS 4.3.1ベータから、今年後半に登場する予定のwatchOS 5で、古いアプリのサポートを廃止することをユーザーに警告しています。

このアプリは、今後のwatchOSバージョンでは動作しません。Apple Watchアプリの開発者は、互換性を向上させるためにこのアプリをアップデートする必要があります。

この警告メッセージは、特にwatchOS 1用に作成された古いアプリに適用されます。Appleは4月1日から、watchOS 2以降のすべてのwatchOSアプリに対しアップデートを要求していました。新しいバージョンのwatchOSは、Apple Watch上のネイティブアプリを単独で実行し、iPhoneに依存しない機能をサポートします。

先月、watchOS 4.3.1ベータ版は、Siriウォッチフェイスの新しいデータソース、iPhoneミュージックコントロールの復帰、ナイトスタンドモードのためのポートレートオリエンテーションサポートなど、いくつかの新機能を含み公開されました。