Android Pの新しいナビゲーションバー、ピル型のホーム&Recentsボタンが公開

0
479

Googleは最新のOS、特にそのデザインについて多くの詳細を明らかにしていません。Alphabet Scoopの幕開けにむけ議論されているように、ナビゲーションに来る変化について、Googleはその存在を確認できるスクリーンショットを共有しました。



Android Pの新しいナビゲーションバー

Android Developers BlogのPのネットワークセキュリティの改善に関す記事では、現在Android 8.1 Oreoとは全く異なる新しいナビゲーションバーのレイアウトが明らかになりました。記事のトピック、左手側の時間、丸められたダイアログボックスを考えれば、これは間違いなくAndroid Pの画像です。

公開直後、現在、Googleはスクリーンショットを編集してナビゲーションバーを切り抜ぬきて非表示にしています。

中央のホームボタンは、その周りに輪郭を持つ実線の円ではなく、むしろ丸形です。このイメージにはマルチタスキングボタンはありませんが、アウトラインのみに戻るバックボタンの高さは一致しません。

情報筋からの新たな情報にようると、Googleは、新しいナビゲーションバーのデザインをテストしていたといいます。新しいナビゲーションバーのデザインはAppleのiPhone Xに似ており、新しいレイアウトでスワイプアップジェスチャーのマルチタスクボタンと新しいホームアイコンが小さくなり、より丸みを帯びた形になっているといいます。

Google I / O 2018が5月に開催される予定で、2番目の開発者向けプレビュー版と同様に、詳細発表と説明がされる予定です。