iOSとAndroid用AirMapアプリからDJIドローンを直接飛行させることが可能に

0
516

iOSとAndroid用AirMapアプリから、直接DJIドローンを飛ぶことができるようになりました!すべてのドローンパイロットにとって、近くのヘリポート、飛行場、空港、一時的な飛行制限(TFRs)空域など、ドローンを飛ばせる場所を確認することは重要です。利用可能なウェブサイトやアプリがいくつかあります。このAirmapアプリは、ユーザーフレンドリーでこの飛行可能な場所を確認しながら、直接ドローンを飛ばすことができます。



iOSとAndroid用AirMapアプリからDJIドローンを直接飛行させることが可能に

Airmapは、Airmapアプリ内からドローンを操作し、飛行させることができるようになりました。趣味でドローンを飛ばしているユーザーにとってはあまり必要がないかもしれませんが、商用のドローンパイロットにとっては、低高度認可および通知機能(LAANC)システムと組み合わせることができるため、飛行許可がある空域を飛行させるために重要なアプリとなります。

LAANCシステムの一部で、空港の近くでドローンを商業的に飛行させることを計画している場合、ドローンを飛行させるために、アプリから即時に承認を受けることができ、同じアプリ内からすべてを管理することができます。特に、今年末までにLAANCを500空港に展開することで、Airmapのエンドツーエンドソリューションが利用可能になります。

 今すぐ、iOSとAndroid 版AirMapアプリをダウンロードして、利用できます。

Airmapのプレスリリース

空域発見、コンプライアンスブリーフィング、空域認可、飛行中の交通警報にリュオできるAirMap for Dronesモバイルアプリが登場しました。DJIドローンを飛行させる全く新しい方法を提供します。

世界中のリモートパイロットには、飛行前および飛行中の状況認識とコンプライアンスで、エンドツーエンドのソリューションが必要です。 DJI SDKとの統合により、AirMap for Dronesモバイルアプリは、次のような利点を提供します。アプリを切り替えたり、プラットフォーム間で切り替えることなく、DJIドローを操作できるリモートパイロット機能を提供します。

AirMap for Dronesモバイルアプリは、空域状況、気象、ルール、勧告、障害物などのミッションクリティカルな空域情報を使用して、空域を知るのに役立ちます。今日のリリースで、商用レクリエーションパイロットは以下の機能を手軽に利用できます。

  • 空域発見
  • フライトプランニング
  • コンプライアンス説明会
  • デジタル通知
  • 空域認可
  • フライトモード(サポートされているDJIドローンの場合)
  • カメラ設定(サポートされているDJIドローン用)
  • 交通警報
  • 飛行中の状況認識

DJIとの互換性

AirMap Flyビューモードは、以下のDJIドローンモデルと互換性があります。

  • DJIインスパイア2
  • DJI Inspire
  • DJIマトリス
  • DJI Mavic Pro
  • DJIファントム4プロ
  • DJIファントム4
  • DJIファントムシリーズ
  • DJIスパーク