Microsoftは、ランサムウェア保護対応とファイル復元をOneDriveクラウドストレージに追加

0
297

Microsoftは今週、新たなOneDrive機能を導入しました。これにより、トランスクリプト攻撃からの回復を容易にしています。また、 OneDrive for Businessから個人用OneDriveアカウントまで、ファイル復元機能が搭載されています。新しいファイルの復元機能にアクセスするには、Office 365サブスクリプションが必要です。

OneDriveユーザーはこれを使用して、過去30日以内に任意の時点からファイルを単純にリストアすることができます。誤ってファイルを削除した場合、ファイルを復元することができます。



ランサムウェア保護対応とファイル復元をOneDriveクラウドストレージに追加

Microsoftは、ローカルPC上のファイルをロックするランサムウェア攻撃から保護するための良い方法としてファイル復元機能を提供します。最近、ランサムウェアによう攻撃がいくつか発生しており、被害者は、ファイルを取り戻すためにお金を払わなければなりませんでした。

OneDriveがクラウドファイルの大量削除を検出した場合、Microsoftは電子メールまたはモバイル/デスクトップ通知を介してユーザーに警告し、回復プロセスにより、ランサムウェア攻撃の前に復元することができます。 Office 365のゼネラルマネージャであるセス・パットン氏は、「これは業界では初めての機能だ」と述べている。

OneDriveファイルの復元

この新しいファイルのリストア機能の他に、Microsoftは、OneDriveのパスワードで保護された共有リンクを追加し、機密ファイルやフォルダを共有する際の安全性を確保しています。 Outlook.comでは、Office 365購読者の電子メール暗号化も更新されています。電子メールの暗号化は個々のメッセージで有効にすることができ、メッセージ内の機密情報を検出した場合に、電子メールの暗号化を促すメッセージが表示されます。受信者のセキュリティレベルがマイクロソフトの暗号化された接続基準を満たしていない場合、受信者はOutlook.com、Outlook for iOS、Android、Windowsメールアプリケーションでのみ読むことができます。また、Outlook.comのユーザーは、受信者がサービスから送信された電子メールを転送またはコピーできないようにすることもできます。

OneDriveのファイルリストア、ランサムウェア保護、Outlook.comの暗号化は、今日、そして月末までにOffice 365加入者に展開される予定です。マイクロソフトはパスワードで保護されたOneDriveのリンクは今後数週間で利用できると述べている。