次世代iPhoneは、湾曲した画面とタッチレスジェスチャーコントロールを搭載?

0
206

今朝のブルームバーグからの新しいレポートによると、Appleは、次世代iPhoneモデルのために、2つの新しい技術を開発していることを報告しています。1つはタッチレスジェスチャーコントロールで、もう1つはカーブディスプレイです。両方のプロジェクトは、研究開発の初期段階にあると言われています。



次世代iPhoneは、湾曲した画面とタッチレスジェスチャーコントロール

アップルのライバルであるサムスン(Samsung)はすでに、両方のテクノロジーのバージョンを以前のモデルで提供している。 Galaxy S4のエアジェスチャーでは、携帯電話の上部をスワイプするだけで、写真をブラウズしたり、ウェブページをスクロールすることができました。エアービューは、トリガーエリアに指を置いたときに追加情報を表示し、Appleの3D Touchと同じように機能します。サムスン Galaxy Sのスマートフォンは、左右の側面が湾曲したディスプレイを搭載していますが、ブルームバーグの報道によると、AppleのカーブしたiPhoneディスプレイは、上から下に向かって徐々に内向きに湾曲するものであると報じています。

ホバージェスチャーは、ハイテク企業の間で人気のある実験テーマであり、マイクロソフトはWindows Phoneプラットフォームの実装にも取り組んできました。マイクロソフトのKinectのようなスマートフォンのジェスチャー機能は、魅力的な機能でしたが、フローティングタッチで魅力的な使用は、携帯電話デバイスではまだ実証されていません。そのため、アップルの検討には十分な余地が残っていると思われます。