第6世代iPadのティアダウン!教育に特化したタブレットの中身

0
214

iFixitは、Appleの第6世代、教育に焦点を当てたiPadの解体を発表しました。第6世代iPadは明らかに 、第5世代のiPadの内部の多くを共有していることが判明しています。ティアダウンしたiFixitは、新しい教育環境 用のiPadのにおける耐久性と修復性の可能性について、現場の競合他社と比較して検討しています。



第6世代iPadのティアダウン

新しいiPadでは、防水、交換不可能な充電ポート、ゼロアップグレードの可能性、内部全体に接着剤を使用など、修復できない率が倍増しました。 iFixitは、HP Elite x2 1012 G1タブレットを比較対象にあげ、HP Elite x2 1012 G1は、10のうち10の完璧な修理可能性スコアを得ていますが、教育向けの第6世代iPad は依然として修理が非常に難しいものであることを指摘しています。

iPadの内部構造を見てみると、新しいタブレットの主なアップデートは、アップグレードされたA10プロセッサとApple Pencilサポート用のBroadcomチップです。 iFixitはCreative ElectronのX線イメージングソフトウェアを使用してiPad内を覗き込み、これまでのiPadのX線画像と比較して、わずかな違いのみであることを報告しています。

修理の面で、iPadの利点の1つは、デジタイザパネルがディスプレイから簡単に分離された形になっている点です。 iFixitは、いずれかのコンポーネントが壊れた場合、学校や教育者にとって修復が容易になると指摘しました。

iPadの接着ガラスディスプレイは、より傷つきやすいようです。これはAir-Gappedデジタイザーパネルを保持しており、他の最近のiPadsほど、視覚的に印象的ではありませんが、LOCAボンディングされていない割れたガラスをディスプレイパネルの下に置き換える方がはるかに安いです。キーボードや鉛筆のような別々のアクセサリーはコストがかかり、紛失しやすくなりますが、損傷した場合でも交換が簡単です。

iFixitはロジックボードで、以前iPadのA10 Fusionプロセッサーと2つのBroadcomタッチスクリーンコントローラチップを発見しました。以前は10.5インチと12.9インチのiPad Proモデルで見つかっています。

https://youtu.be/1b0Dbt7GoJk

第6世代のiPadには、32.9 Whの容量の従来モデルと同じバッテリーが搭載されています。 iFixitは、これにより、Appleが既存の製造ラインを再利用して廃棄物を削減することができる一方、バッテリーは「修復阻害接着剤」の後ろにロックされているため、iPadの修理可能性スコアが大幅に低下すると指摘した。 Appleは12.9インチのiPad Proでバッテリーを簡単に取り外すことができたが、iFixitはそれ以降、変化は見られないとコメントしています。

iFixitは、第6世代iPadに10点中2点の修理可能性スコアを与えました。エアーギャップ、非溶融ディスプレイとデジタイザのガラスで、簡単な修理オプションとし、ポイントを得ましたが、粘着性と粘着性の高いテープを多用していたことで大きく減点となっています。完全なティアダウンを読むには、iFixit.comをご覧ください。