DJI Mavic Pro IIのリーク情報、Sonyイメージセンサーの詳細について

0
157

DJI Mavic Pro IIの1 / 1.7 "イメージセンサーの詳細についてあらたなリーク情報が提供されました。OsitaLVによると、この情報は、DJI Mavic Pro IIとおもわれるDJI 折り畳み式ドローンのベータテスターから来ており、追加情報として確認しています。



DJI Mavic Pro II、Sonyイメージセンサーの詳細

低照度性能の向上、ダイナミックレンジの改善、ノイズの低減

今朝、OsitaLVは、DJI Mavic Pro IIのベータテスターが、DJIの新しい折りたたみ式ドローンについて、以下の新しい情報を提供しています

  • 6方向の障害物回避
  • 35mmフォーマットで24mmの視野を有するカメラ
  • f / 2.8-11の可変絞り
  • 12メガピクセルのソニーIMX226 CMOS 1 / 1.7インチセンサーを使用して、10ビット、4Kビデオ記録を最大60fpsで可能に
  • リリース日は不明
  • 現在のMavic Proを上回る改善

カメラの画質

噂の仕様が真実であるばあ場合、新しいDJI Mavic Pro IIは静止画とビデオ映像の画質を大幅に改善することになります。

新しい12 MPソニーIMX226 CMOS 1 / 1.17 "センサーは、現在のMavic Proのセンサーである、ソニーIMX377 CMOS 1 / 2.3"センサーよりも大きい。新しいセンサは、1.55μm(H)×1.55μm(V)ではなく、1.85μm(H)×1.85μm(V)の大きい単位セルサイズになると思われる。セルが大きいほど、低い光性能、より良いダイナミックレンジ、およびノイズの低減が改善されることを意味します。

またOsitaLVは、ソニーのCMOSイメージセンサーで低照度性能を向上させるために使用されているソーラーの背面照射型ピクセル技術であるSTARVISについても述べています。

可変絞り – f / 2.8-11

新しいDJI Mavic Pro II はf / 2.8-11から可変アパーチャを持つと噂されています。これは、固定f / 2.2アパーチャを装備したMavic Proに比べ、ビデオシューターの大幅な改善を意味します。現在のMavic Proは、変化する照明条件を補うためにシャッタースピードとISOを変更する機能しか持っていないので、新しいMavic Pro II は可変絞りを備えていることになります。光の変化を補正するためにアパーチャまたはISOのみを変更できます。

障害回避

現在のDJI Mavic Proは、前方と下方の2つの方向のみに障害物回避センサー持っています。噂が真実ならば、DJI Mavic Pro IIは、6つの方向すべてにおいて障害回避センサーを持つ可能性があります。これはまた、現在のモデルよりも大幅に改善されたものになります。

新しいDJI Mavic Pro IIのデザイン

OstiaLVの図面で興味深いのは、ドローン自体の設計が現在のDJI Mavic Proの設計と正確に一致しているようだということです。新しいDJI Mavic Pro IIが、脆弱なカメラ/ジンバルを搭載した現行モデルと同じデザインであることはにわかに信じ難いです。 Mavic AirのデザインがMavic ProとSparkのデザインより改善されている点をみると、DJIが新しいMavic Pro II のデザインを改善しないとは思えません。 OsitaLVが同じドローンをスケッチで描いているということは、彼がまだ新しいDJI Mavic Pro IIを実際に見たことがないことを示しているようです。

リリース日

以前の噂では、OsitaLVは、新しいDJI Mavic Pro IIが3月後半にリリースされると予測していましたが、起こりませんでした。その後、彼はDJI Mavic Pro IIのリリースは今年春後半になるだろうと述べている。