FCC、SpaceXの野心的な衛星インターネット計画を承認

0
174

米連邦通信委員会(FCC)は、SpaceXに広帯域インターネット衛星を運用するライセンスを与えました。これは、政府機関が、低軌道上の広帯域サービスを初め認可したことを意味します。 SpaceXの共同設立者兼CEOのElon Musk氏は、長年にわたりブロードバンドインターネットを提供するマイクロ衛星コンスタレーションについて議論しており、2017年にFCCと定期的に会合し、 FCC規制広帯域スペクトルの使用について交渉をかさねてきました。



FCC、SpaceXの野心的な衛星インターネット計画を承認

今年の初めに、SpaceXは予定されている12,000個の衛星の最初の2つを打ち上げました。今回の計画では、4,425個の衛星から利用が可能だが、FCCは今後6年間で少なくとも半分以上を打ち上げる必要があるといいます。 FCCはCNBCとの声明で、「この措置により、欧州委員会は、米国における高速ブロードバンドの利用範囲拡大と競争力を向上させるための新たな一歩になると」と述べた。 SpaceXは、競合する宇宙インターネットプロバイダOneWebと提携し、来年から、ネットワーク用の運用衛星の打ち上げを開始する予定です。

Gwynne Shotwell SpaceXの社長兼最高執行責任者(COO)は声明で、

FCCのSpaceXのコンステレーションライセンスの徹底的なレビューと承認に感謝します。これは、地球規模で信頼性の高い手頃なブロードバンドサービス、特に未接続の人々とつながる次世代衛星ネットワークを構築するための重要なステップです

と語っている

SpaceXはStarlinkがロケット会社の研究開発費と運営費をまかなう収益源になると期待されています。昨年のThe Wall Street Journalによると、SpaceXは2025年までにStarlinkに4000万人以上の加入者を抱え、約300億ドルの収入が期待されている。