Facebookは、プライバシーツールを見つけやすくすることでプライバシー危機に対応?

0
159


Facebookは、Cambridge Analyticaのデータスキャンダルの最中、プライバシー設定ページを調整しました。プライバシー設定ページには、特にモバイルでのナビゲートが容易になるように、画像付きのショートカットが追加されています。ユーザーは、2要素認証を有効にしたり、共有したものを制御したり、投稿を閲覧できるユーザーを管理したり、広告の設定についても詳しく知ることができます。

同社では、「あなたの情報にアクセスする」という新しいページを立ち上げ、ユーザーは共有して管理した情報をさらに評価することができます。そこから、自分のタイムラインやFacebookで必要ではないプロフィールなどを削除することができます。



Facebookは、プライバシーツールを見つけやすくUIを変更

これらの機能のどれも新しいものではありません。データ管理を解析しやすくし、アクセスしやすくします。ほとんどの人が知らないプライバシ設定の認知度をあげ、今回のようなプライバシー問題を回避したいと考えています。

Facebookは、これらのアップデートは、検討を「しばらく」続けてきたものだといいますが、Cambridge Analyticaのスキャンダルに基づき、リリースを速めたという。

Facebookはアプリ開発者がユーザーの許可なく多くのユーザーデータにアクセスできるようにしていました。そのデータは、数百万人の人格プロファイルを構築するために使用されていました。これらのプロファイルは、世界中の選挙に影響を与えた政治的広告ターゲティングに使用され問題となっています。

Facebookが販売している広告は、会社固有のものではない。ビジネスモデルはウェブの周りに適用されますが、このスキャンダルは、多くの人々がデータ収集と広告ターゲティングの仕組みを知らなかったという事実から炎上しています。