YaleのAssure Lock SLは、ホームキット対応のスマートなロック

0
168

私はYale Real Living Assure Lock SLは、最近、iM1ネットワークモジュールを介してHomeKitのサポートするようになりました。Assure Lock SLは、多くの高度なコントロールを備えた控えめな機能を搭載したスマートロックです。今回、Assure Lock SLをレビューしていきたいと思います。



YaleのAssure Lock SL

仕様

  • ANSIグレード2ロック
  • ホームキットは、iM1ネットワークモジュールを介して互換性があります
  • タッチスクリーンキーパッド
  • ワンタッチロック
  • 電動デッドボルト
  • ボイスアシスタンス
  • 9Vバッテリーバックアップ
  • 高度な設定
  • 単三電池4本と必要なすべての取り付けハードウェアが含まれています
  • 英語、スペイン語、フランス語をサポート
  • ドアの取り付け情報
  • ロック全体を交換する必要があるため、アパートメントには理想的ではありません
  • 標準ドアの厚さは1-2 / 4インチから2-1 / 4インチです。
  • 2/8インチのフェイスボア穴が必要
  • 2-3 / 8インチまたは2-3 / 4インチのバックセット
  • 1インチのエッジボアホール

設置方法

Yale Assure Lock SLには、スマートロックをドアに取り付けるために必要なパーツがすべてが付属しています。ドライバーのみ用意する必要があります。

箱の中には次のものがあります。

  • デッドボルト
  • ストライクプレート
  • 外装ドアパネル
  • インテリアパネル
  • 取付板
  • iM1ネットワークモジュール
  • ネジ
  • バッテリー

ステップ1:既存のロックを解除する

ステップ2:デッドボルトをインストールする

ステップ3:ストライクプレートを取り付けます。

ステップ4:外部タッチスクリーンキーパッドを取り付けます。

穴が十分に大きくなると、外付けのキーパッドがうまく収まります。

ステップ5:内部マウントプレートを取り付けます。指定された場所にプレートを通して接続ワイヤを配線する必要があります。内部プレートを外部キーパッドに固定するには、付属のネジのセットの1つを使用します。

ステップ6:ケーブルを外部キーパッドから10ピンコネクタを介して内部セクションに接続します。

ステップ7:付属の小さな3本のネジを使用して、内部ロック機構をマウントに取り付けます。

ステップ8:iM1ネットワークモジュールをインストールします。電池を入れる前に必ず行ってください。


ステップ9:バッテリーを取り付ける

ステップ10:バッテリーカバーを取り付ける

ハードウェアのインストールが完了したら、Yale Secureアプリをインストールし、キーパッドを設定して、HomeKitをセットアップすることができます。設置方法は非常に簡単なです。

インプレッション

Yale Assure Lock SLは比較的簡単に取り付けることができます。しかし、これは完全なロックスワップであり、内部のノブと外部のノブを置き換え、既存のデッドボルトと置き換える必要があります。

Yale Assure Lock SLは、は、過去のモデルよりもはるかに軽いです。
Assure Lock SLがありがたいのは、ANSI Grade 2 deadboltのようなテーパードデザインだと、ドアの位置がずれている可能性が高いのですが、Assure Lock SLはその心配がありません。また、バッテリがなくなった場合のロックアウトを防ぐ、非常に便利な9Vバッテリバックアップ機能もあります。

ssure Lock SLは物理キーを完全に捨てるので、パスコード、アプリコントロール、またはHomeKitコントロールを使用する必要があります。物理的なキーロックがない場合、キーピッキングやスペアのキーの喪失などがないため、セキュリティの観点からはプラスです。しかし、内部に入るためにユニットに電力を供給する必要があります。また、電子機器は故障する可能性があります。

iM1モジュールでHomeKitサポートが有効になっています。Amure Lock SLが既にインストールされている場合は、別途購入できます。 HomeKitのサポートは期待どおりに機能し、ユーザーはHomeアプリ、Siriコマンド、または自動化を使用してロックを制御できます。

Assure独自のYale Secureアプリは、自動再ロック、ワンタッチロック、誤ったコード入力制限、スピーカー音量などの設定に関する追加の設定オプションを提供します。これらの設定のすべてではないにしても、大部分はタッチスクリーンのキーパッドメニューから手動で設定できます。