Chrome 65+のシークレットモード、Androidのスクリーンショットをブロックし、閲覧サイトはRecentsビューで非表示に

0
570

Chromeの65は今月初めに、Androidの新しい言語設定や「簡略化された表示」で記事を読むなど、ユーザーが直面するいくつかの問題に対し修正対応を行いました、特にシークレットモードが改善され、スクリーンショットの撮影をブロックするように。またプライベートタブはAndroidのRecentsビューに表示されなくなりました。



Chrome 65+のシークレットモード、Androidのスクリーンショットをブロック

Chrome 65+では、プライベートブラウジング時にシステムレベルでAndroidからのスクリーンショットを許可しなくなりました。シークレットモードで、閲覧しているサイトページをキャプチャしようとすると、Androidシステムから「スクリーンショットをキャプチャできませんでした」という通知が表示されます。

このアラートでは、「スクリーンショットを撮ることはアプリや組織によって許可されていません」と記載されています。このアラートは、現在、PlayムービーやNetflixなどの一部のメディアアプリでも表示されます。また、AssistantのShareスクリーンショット機能を使用しようとすると、「何かが間違っていました。もう一度お試しください。」と表示されます。

その他、このバージョンで実装された関連セキュリティ機能では、シークレットモードのときにChromeがAndroid Recentsメニューに表示されなくなりました。 Chrome 65+では、マルチタスクのプレビューは白い空白のカードで、Chromeロゴと名前だけです。以前は、通常のChromeタブと同様にこのプレビューが表示されていました。

Googleのテストでは、Chrome 64でのシークレット機能のスクリーンショットは引き続き許可されていますが、これらのシンクロ機能は両方ともChrome 65,66、および67に適用されています。

これは明らかにセキュリティに焦点を当てた変更であり、ユーザーがシークレットモードでブラウジングする際のプライバシーのレベルを高すことが意識されています。