ティムクック氏は中国開発フォーラムに参加、貿易摩擦の懸念などを語る

0
201

ティム・クック氏は、昨日、中国と米国の間の貿易摩擦の懸念が高まるなかで、中国開発フォーラムに参加し、今日のイベントでは、 "落ち着いた方"が最終的に勝つことを期待していると語った。



ティムクック氏、貿易摩擦の懸念などを語る

クック氏は、中国とアメリカの関係の中で、誰もが必ずしも平等な恩恵を受けていないという事実があることを説明した。しかし、クック氏は両国の首脳が合理的に前進することができると期待している。

ロイター通信の報道によると、

クック氏は、「米国と中国の両方で、誰もが恩恵を受けておらず、利益のバランスが取れていないケースがあることを認識している」と語った。

クック氏は、北京で開かれた中国の発展フォーラムで、「落ち着いた方」が勝つことを期待していると語った。

クック氏は、アップルと中国との関係についても懸念を表明した。今年の初め、中国政府は、中国のAppleユーザーのiCloudデータを中国のサーバーに移した。ティムクック氏は、アップルのような企業は、同意してもしなくても、ビジネスを行う上で、政府と協力しなければならないと考えていると語った。

 クック氏は、「企業が合意したかどうかに関わらず、ビジネスを行っている国の政府と企業が関わるべきだと私は信じている。」とコメントしています。

最終的に、クック氏は将来一緒に働くすべての人のメリットを指摘しました。 「私の信念では、1つに1を加えたものが3に等しいと考えています。」と彼は語った。

クック氏は過去1年間に何度か中国を訪れました。 12月、彼は中国の国営のWorld Internet Conferenceに出席して話し、デジタル時代に人類とプライバシーの必要性を表明しました。同氏はまた、米国内での動きに反して、Appleと中国政府との関係を擁護しています。