アップル、アクセシビリティ用の13の新しい絵文字を提案

0
167

AppleはEmojipediaが指摘しているように、Unicode Consortiumへの提出で、補聴器、ガイド、障害者をよりよく表現する新しい絵文字を提案しました。

アップルは、「Appleは、障害を持つ個人をよりよく表現するために、絵文字の追加を要求している」とコメントした。現在のところ、絵文字は幅広い選択肢を提供していますが、障害を持つ人の体験を表すものではありません。

絵文字の新しいスイートには、補聴器、杖や車椅子を使用する人、盲導犬、義足などがあります。合計13の新しい絵文字があり、肌色のオプションを数えれば45個あります。 Appleによると、絵文字は単なる出発点に過ぎず、アクセシビリティの絵文字が増える可能性があるということを暗示している。

Unicode Consortiumメンバーがこれらの絵文字を審議する予定です。Unicode技術委員会会議が来月予定されています。これらの絵文字が承認されると、2019年前半のリリースのため、絵文字12.0の候補者の候補リストに入れられます。一方、2018年の絵文字リストは完成しました。今年の後半にリリースする予定です。