GoPro、Jabilと提携してサードパーティ製のカメラとアクセサリーを製作

0
198


GoProはおそらく誰もが今知っている名前です。GoPro社はアクションカメラを製作おり、その商品は多くの人に愛されています。 GoProは最近、センサーメーカーのJabilと、GoProのリファレンスデザインとIPのライセンスに関する複数年契約を締​​結しました。



GoPro、Jabilと提携してサードパーティ製のカメラとアクセサリーを製作

GoProは、画像センサーのHERO4以降、Jabilと提携しています。現在、両社の間には、複数年の技術と機器のライセンスがあります。この契約により、Jabilは第三者の製品やソリューションに対するGoProの設計と知的財産を活用することができます。

この契約により、Jabilは、カメラ、レンズ、および同様に設計された消費者スタイルの製品のような製品を製造することができます。JabilはGoProと直接競合するカメラを生産しませんが、イメージング分野は広い業界であり、多くの小売がいます。

Jabilの光学担当副社長であるIrv Steinは次のように述べています。

市場の早期のご意見は、スマートホーム、軍事、火災、警察、救助、セキュリティなどのエンタープライズアクションカメラの需要が高いことを示しています。

Jabilとのパートナーシップの新たな領域には、Smart TVやEcho Showに似たシステムなどがあります。これらはスマートホーム機器の分野で、ゲームチェンジャーになるかもしれません。

GoProは長年にわたり、頑丈で高品質な偉大なセンサーやその他のカメラアクセサリーを製作してきました。このパートナーシップには期待ができます。