DJIとSkycatchは、コマツのための1,000台の高精度ドローンを提供

0
247

DJIは、商業用ドローン業界への展開を検討しており、DJIとSkycatchが、コマツの産業用無人機1,000台を提供するグローバル契約を発表しました。



商業用ドローン、最大の注文

プレスリリースによると、DJIは、Skycatchと共同で1,000台の工業用高精度ドローンをコマツスマートコンストラクションに提供するグローバル契約を結び、歴史的に商業用ドローンの最大注文になりました。

Skycatch Explore1ドローンはDJIによって製造され、特殊なSkycatch技術を装備しています。ドローンはDJIのカスタマイズ可能なMatrice 100エンタープライズドローンプラットフォームをベースにしており、Edge1 RTK基地局と一緒にSkycatch高精度パッケージを構成しています。このパッケージにより、最大5センチメートルの精度で建築現場の高精度3Dモデリングが可能になります。これは、例えば、在庫の監視にも使用することができます。 Skycatch Explore1ドローンは、3Dマップを作成する際に自律的に作業現場を飛行します。

コマツのスマートコンストラクション部門の執行事務所、チカシ・サイクは以下のように述べています。

以前は、現地調査に何時間もかかっていました。しかし、Explore1を実装することで、ユーザーは迅速かつ簡単に測量を行うことができます。今では無人探査を毎日行うことができます。離陸、着陸、飛行ルートの設定はすべて自動化されています。地上制御点(GCP)はもはや必要ではない。Dデータが生成され、3D地図で建設現場全体を視覚的に確認することができます。 Explore1は建設現場の真のゲームチェンジャーです。

「DJIの製造プロセスに統合する企業へ、驚くほどの価値を提供します」とSkycatch社のCEO、Christian Sanz氏は述べています。 「DJIのハードウェア製造と空中技術の巧みさをSkycatchのデータ処理と顧客の専門知識と組み合わせることで、世界中の企業顧客にとって最も強力で包括的なソリューションを生み出しました。」とコメントしている

DJIのエンタープライズパートナーシップ責任者、ジャンガスパリック(Jan Gasparic)は、

Explore1は、あらゆる業界のニーズに合わせて、最も強力で信頼性の高い無人機プラットフォームを顧客に提供するDJIの戦略を示しています。 今回のエキサイティングなプログラムでのSkycatchとの緊密な連携により、航空測量のためのソフトウェアとハ​​ードウェアのクラス最高のソリューションが得られました。

とコメントしている。

Sanz氏は、The Vergeとの会話で、日本の10000を超える建設プロジェクトと世界中のプロジェクトで既に使用されていると語った。たとえば米国では、将来のディズニーテーマパーク、Facebookデータセンター、非常に大規模なプロジェクトをカリフォルニア州クパチーノで調査するために使用されています。 Sanz氏は会社の名前は言及していませんでしたが、DJI Phantomが少し前に墜落した建物、Apple本社であることは想像できます。

世界中の1500万人の建設現場の約30%は、インターネットに接続していない。 Sanzによれば、ベースステーションは基本的にボックス内のクラウドコンピュータであるため、これはExplore1とEdge1パッケージにとって問題ではありません。

コマツの産業用無人機1,000台は、建設業界にとって大きなマイルストーンです

とSanz氏は最後に語った。

DJIが商業用ドローン市場への参入を本格化してきています。