5億4600万人の LinkedInユーザーの、米国で最も望ましい就職先は、Appleが第6位

0
164


LinkedInのデータ分析によれば、米国の希望就職先ランキングで、Appleは第6位になり、2017年の第7位からアップした。

プロのネットワーキングファームの会社は、アンケートからではなく、LinkedInメンバーがサイト上で行った行動を分析することで、このランキングを決定しているといいます。



米国で最も望ましい就職先は、Appleが第6位

トップ企業リストは、LinkedInメンバーが何十億という行動に基づいて、会社への関心、従業員との関わり、雇用需要と従業員保持の4つの主要な柱でランク付けしています。

米国の1億4600万人を含む、全世界の5億4600万人のLinkedInメンバー全員の分析をしています。

Amazon、Alphabet、Facebook、Salesforce、Teslaの後にApple社がランクインしてきました。アマゾンは、雇用主としての評判を考えると特にそうは思わないが、現在の会社の規模が要因になっているかもしれません。

Appleは着実に希望者を増やしている

昨年の、価格が$ 1,000するiPhone Xは、TrueDepthカメラで、賞を受賞しましたが、その価格に高さについて疑問になっています。 AppleはLinkedInのデータによると、ライバルとの競争力を高めるために、エンジニアリングとITの人員を2017年にそれぞれ8%と4%増やしている。

アップルの従業員は、同社のデバイスを25%割引で購入できます。女性は18週間の有給での産休(男性は、6週間)を受け取ることができます。

Appleは、従業員のレビューに基づいて、最新のGlassdoorランキングで48位から84位に落ち、Harrisの企業評判の投票で5位から29位に下がった。