Androidインスタントアプリはまもなく、Google Playインスタントでゲームが遊べるように!

0
480

ゲームデベロッパーカンファレンスの前に、Googleは新しいマップAPIを発表しました。これにより、開発者はPlayストアのポケモンGoのような拡張現実感アプリやビデオ広告を作成することができます。 2018年の基調講演で、Googleは本日、ゲーム向けのインスタントアプリの拡張を発表しました。



Google Playインスタントでゲームが遊べるように!

Googleはまず、I / O 2016でInstant Appsを導入しました。これは、アプリをインストールすることなくアプリをデモできる方法です。 GDCでは、今回
、Google Playのインスタントゲームを導入することで、ゲームの取り組みを拡大しています。

Googleは、Google Playで遊びたいゲームがあれば、インストールプロセスを省略し、インストールの障壁を取り除きたいと考えています。

本来は、ゲームをインストールしたり開くには時間がかかり、多くのプレーヤーがゲームを体験することはありません。

インスタントアプリがゲームで利用できるようになったことは多くのユーザーに歓迎される発表です。

通常のアプリと同様に、Playストアのリストには、既存の「インストール」の横に「今すぐ試す」ボタンがあります。ゲームの名前と新しい「Google Playインスタント」ブランドが表示され、読み込み画面が表示されます。

バックグラウンドでは、Instant Appsフレームワークは、10MBのAPKサイズ制限、実行可能なコードとゲームアセットのプログレッシブダウンロードサポート、NDKとゲームエンジンのサポートを備えたゲームをサポートします。一方で、GoogleはUnityと連携してIDEのサポートを追加し、インスタントAppsの構築を容易にしている。

ユーザーはClash Royale、Friends 2、Bubble Witch 3 Sagaなどの新しいInstant PlayplayコレクションやGoogle Playゲームの「Arcade」セクションで、インスタントアプリをデモすることができます。現在、クローズドベータ版であるGoogle Playインスタントは、今年後半より多くの開発者に公開される予定です。

GDCでは、新しいゲームや機能のテストと再テストを迅速に行うため、新しい内部テストトラック「Play Console」もアップデートしています。これは現在のアルファ/ベータに加えて、100人のテスタに限られています。一方、デモループは、デベロッパーがテストラボのライブデバイスでゲームをテストするのに役立ちます。