FacebookのExpress Wi-Fiは、途上国向けインターネットサービスを提供

0
197

Facebookは、Express Wi-Fiを使ってISP事業に足を踏み入ろうとしている。このアプリは、開発途上国のユーザーがホットスポットで使用できるデータパックを購入できるようにします。このアプリは現在5つの開発途上国に展開されています。ホットスポット自体は地元のビジネスオーナーによって管理されており、Facebookは携帯電話事業者が提供する遅いデータプランの代替案を提供したいと考えている。



FacebookのExpress Wi-Fiサービス

「FacebookはGoogle PlayストアのExpress Wi-Fiアプリをリリースして、地元のExpress Wi-Fiホットスポットを通じて高速で手頃な価格のインターネットに簡単かつ安全にアクセスできるようにしている」とFacebookの担当者がTech Crunchに語りました。

FacebookはこれまでFree Basicsでこのようなことを試みてきましたが、このオプションは、本当のインターネットアクセスではなく、Facebook認定のサービスしか提供していないため、広く非難されました。

このアプリは、質の高いインターネット環境がないため、ソーシャルメディアサイトを使いにくくなってしまっている発展途国にFacebookの市場を拡大するための大きな推進となっている。この動きは、Facebookが先進国で、成長がほぼ停滞か、減少してきている兆候があるため、(Facebookの米国とカナダのユーザーベースが70万人減少した。)Facebookとしては今後の成長を維持するためにもつつ用不可欠な動きとなる。

Facebookが途上国に手頃な価格のインターネットアクセスを提供することに着目していますが、 Express Wi-Fiに加えて、さらにアンテナがない地域の人々にインターネットサービスを提供できるソーラードローンの開発にも取り組んでいます。同社はこれらの努力に念頭に置いて人道的な目標を持っているかもしれないが、Facebookの未来への投資でもあります。結局のところ、Facebookが人々を獲得するための第一歩は、彼らをオンラインにする必要があるということです。