アップル、3月27日に教育に焦点を当てたイベント開催を発表

0
183


 
アップルは3月27日、「教師と学生のための創造的な新しいアイデア」に焦点を当てたイベント開催を発表した。

招待状からイベント内容のヒントは得られにくいです。 シンプルなスタイルのアップルのロゴと、教育テーマに合ったフレーズだけです。しかし、アップルは安いMacBookやiPadに取り組んでいるという噂があり、このイベントの関係性がきになるところです。興味深いことに、このイベントは、新しく開設されたAppleクパチーノのApple Parkキャンパスではなく、シカゴの高校で開催される予定です。シカゴの教育委員会は最近、コンピュータサイエンスを市のすべての公立学校の卒業要件として追加し、Appleのイベントにベストな組み合わせです。



アップル、3月27日にイベント開催を発表

Digitimesと信頼性の高いKGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、AppleがMacBook Airの後継モデルをリリースする予定であると主張している。MacBook Airはエントリーレベル、999ドルのラップトップとして古いモデルを販売している。 2560 x 1600解像度のRetina Displayを搭載した13.3インチのエントリーレベルのMacBookが登場すると噂されており、799ドルから899ドルの範囲で価格が設定されるとされ、学生向けです。

Appleはまた、過去数年間教育者のために、教室ツールにiPadを導入してもらおうと努力している。最近の噂では、エントリーレベルの9.7インチiPadを約259ドルでリリースすることができるとの噂があり、現在の$ 329モデルよりも安く学校向けに提供する可能性もある