Calendar 2は仮想通貨の発掘機能で3日間に20万円稼ぐが、Mac App Storeのガイドラインに違反

0
196

前回、私たちは、Calendar 2と呼ばれるmacOSアプリの仮想通貨の発掘機能について報告しました。このアプリは、アップデートで有償機能の支払いの代わりに仮想通貨の発掘機能を追加し問題となり、アプリの開発者であるQbixは、問題発生後、その機能を停止していました。



Calendar 2は、AppleはMac App Storeのガイドラインに違反し公開停止?

しかし、QbixのCEO、Greg Magarshak氏は、仮想通貨の発掘機能を停止した後、AppleがCalendar 2をガイドライン2.4.2に違反しため削除削除されたと報告した。

アプリがApp Storeから削除された後、Magarshak氏は、Appleと協力し、すべてのマイニング機能が削除された状態でストアに戻すことをアプリ開発側へ指示したという。

また、リリースの影響を受けたユーザーに対応するため、Calendar 2のすべてのユーザーに対して、今年1年間、すべてのプレミアム機能ロックを解除すると約束しました。次のバージョンでは、以前にダウンロードした人のためにCalendar 2のロックを解除する予定です。

さらに、Magarshak氏によると、Qbixは、アプリで仮想通貨の発掘機能が有効だった3日間に、約2000ドル(22万円)相当の仮想通貨Moneroを獲得することができたと言います。比較として、Qbixは過去7年間に、そのアプリから有償アップグレードで約70万ドルを調達している。