WhatsAppはFacebookとデータを共有しないことに合意、違法にはならず?

0
205


FacebookはWhatsAppを2014年に買収した後、問題に遭遇しました。それは、2つのサービス間でデータを共有しないことを公約していたように見えたが、その後、英国などで違法になる可能性があるという警告を受けていた。



WhatsAppはFacebookとデータを共有

英国の情報委員会(ICO)は、現在、ユーザーデータをサービス間で共有することはできないと裁定しています。エリザベスデナム委員は以下の見解を示しています。

  • WhatsAppは、個人データの共有のための合法的な処理の根拠を持っていません。
  • WhatsAppは、個人データの共有に関して、適切な公正処理情報をユーザーに提供することができません。
  • 既存のユーザーとの関連で、そのような共有には、データが得られた目的と両立しない、目的のための個人データ処理が含まれます。
  • データを共有した場合、データ保護法の第1および第2のデータ保護原則に違反しています。

しかし、エリザベスデナム委員はまだデータが共有されていない状況を確認したため、会社を罰することはない予定です。

Facebookは、今後の欧州のプライバシールール、一般データ保護規制(GDPR)に準拠するようになるまでは、共有をしないことに同意している。ただし、米国や他の非ヨーロッパ諸国でデータを共有することはできません。

WhatsAppは、フランス、ドイツ、イタリアで同様の法的課題に直面しています。