マイクロソフト Windowsの未来は、ハードウェアごとに最適なモードを提供

0
200

 
 

MicrosoftがWindows 10で約束していたことは、常に複数のデバイスにまたがって利用できるWindowsのバージョンでした。 HoloLens、Xbox Oneコンソール、スマートフォンなどのWindows 10パワーデバイスを見てきましたが、マイクロソフトでは、基本的なWindowsコアの上に、別々のインターフェイスとソフトウェアを作成することがよくありました。

Xboxのホーム画面は、Windows 10と異なっていますし、Windows 10のモバイル版は、別のバージョンのWindowsだと感じます。マイクロソフトの将来のビジョンには、ハードウェアごとに最適で賢いモードを提供することです。



Windowsの未来は、ハードウェアごとに最適なモードを提供

マイクロソフト Windowsに精通している情報筋によると、Windowsの現在の開発では、多くのモードを持ちつつ、単一のデバイスで動作できるものを開発していると言います。これまでの例では、Windows 10のタブレットと携帯電話の両方でMicrosoft Continuumが使えていました。通常のラップトップをタブレットや携帯電話に変換してPCに移植することができます。これらの既存モードには、機能や同じユーザーインターフェイス、ソフトウェアは含まれていません。

マイクロソフトでは、ユニバーサルWindowsアプリの作成だけでなく、独自の開発者用のシェル(Cシェル)を作成しています。 Windows Centralは、昨年C-Shellを初めて報告しました。これは本質的には、スタートメニューと通知センターに動力を与える、Windowsシェルのモジュール化されたバージョンです。現時点では、Microsoftはさまざまなデバイスのスタートメニューに、複数のバージョンを構築して管理していますが、C-Shellのビジョンは、異なるモードと異なるデバイスにまたがって自動的に1つのスタートメニューを作成することです。

 

Microsoft、謎のSurface特許

このモードの考え方は、Microsoftの今後のSurface計画を検討する際に特に関係します。マイクロソフトは、折畳み可能なデュアルディスプレイを備えた秘密のSurfaceノートパッドデバイスに取り組んでいると広く噂されています。特許は、2つのディスプレイに電力を供給する巧妙なヒンジを備えたMicrosoftのCourierのデジタルメモ帳コンセプトと非常によく似たハードウェアを示しています。この特許は、メモ帳やタブレット以上のノートPCのようなフォームファクタになる可能性があります。マイクロソフトの潜在的なデバイスの適応性も示しています。大きなディスプレイに接続する機能と相まって、このデバイス(コードネームはアンドロメダ)はさまざまなモードに適応していると想像できます。 MicrosoftのCEO Satya Nadellaも以前、Microsoftの将来の「電話」は今のスマートフォンのようにはならないと明言していました。

マイクロソフトのWindowsビジョンには、Xboxコントローラーでゲームをプレイするゲームモード、デスクトップで生産性を向上させる静かなモード、シンプルなインターフェイスでタブレットのように機能するキッズモードなどのアイデアが含まれています。これらの異なるモードは、まだリリースされていないハードウェアを含め、さまざまなハードウェアにまたがって拡張されるように設計されています。このCシェルは、最終的にWindowsの既存のレガシーデスクトップを置き換えることができ、すべてのデバイスのメインシェルとなるという考えがあります。それはCシェルが本当に適応できるかどうかにかかっていますが、マイクロソフトはこのデスクトップの取り組みであるPolarisをコードネームに追加しています。

CシェルがMicrosoftのWindows対応のユーザーインターフェイスにどのように影響するかについての初期の例をいくつか見てきましたが、このプロジェクトがMicrosoftにとってなぜ重要なのかを実際に示す新しいデバイスはまだありません。これは今後数ヶ月で変わる可能性があります。マイクロソフトでは、Surface Hub 2を2018年前半に発表する予定であり、C-Shellを紹介するMicrosoftの最初のハードウェアとなる予定です。マイクロソフト社は今年、その謎のAndromeda Surfaceデバイスを発表する予定です。

マイクロソフトの既存のサーフェスハブは、独自のカスタムシェルを実行するWindows 10によって強化されています。第2世代のSurface Hubは、マイクロソフトがWindows 10をさまざまな画面サイズ、シナリオ、およびハードウェアにさらに適応させる方法を早期にみせてくれるでしょう。最初は微妙なものかもしれませんが、マイクロソフトのビジョンは、今日存在していないフォームファクタやハードウェアにSurfaceを適用できる単一のデバイスにつながるものです。