サムスンギャラクシーS9 +のティアダウン!修理が難しいことが判明、カメラの開口部の詳細

0
189


サムスンギャラクシーS9 +とその前身S8の類似性は、サムスンギャラクシーS9 +のティアダウンで、その内部構造が明らかになり、S8に類似している点と、同じく修理が難しいことが判明しました。



サムスンギャラクシーS9 +のティアダウン!

iFixitによるGalaxy S9 +のティアダウンは、ヒートガンと吸盤を使ってバックパネルを開き、内部構造がGalaxy S8 +と非常に似ていることを明らかにしいます。バッテリや回路基板の形状を含むコンポーネントの位置は、昨年の繰り返しで使用されたハードウェア要素と非常によく似ていますが、今回は仕様部品が増えています。

1つのセンサーでf / 1.5とf / 2.4の間で切り替えることができる、このモデルに導入された新しい可変開口リアカメラは、必要なときに所定位置に移動する一対の回転リングを使用していることが明らかにされている。これは多くの異なるfストップ調整を可能にする、標準的な複数のカメラブレードシステムを使用していません。この方法では2つの位置にしか絞り込まれないため、ブレードを使用する場合よりもはるかに少ないスペースで撮影ができます。

スマートフォンの残りの部分を分解することは、iFixitチームにとって、挑戦であることが明らかになりました。多くのパーツをそのまま引き出すことができましたが、電池周りの接着剤使用量は、部品を安全に引き出すための接着剤除去液を必要としています。

マザーボード上にあるチップを提供しているリストベンダーは、ギャラクシーS8 +とほぼ同じで、ラインナップはほとんど変更されていません。部品メーカーのリストには、Samsung、メモリ、Qualcomm、Toshiba、Maxim、Murata、NXP、Avago、Skyyworksが含まれています。

バッテリは、3.85V、3,500mAh、13.48Whのユニットで、Galaxy S8 +および悪名高いノート7で使用されているバージョンと同じ仕様です。

インテリジェントスキャンのセキュリティを強化するために使用されたGalaxy S9 +の前面にあるコンポーネントのアセンブリは、S8 +で使用されている虹彩スキャナ、フロントフェイスカメラ、IRエミッタ、近接センサがあります。AppleのiPhone Xで使用されている3DスキャンのFace IDシステムとTrue Depthカメラアセンブリと比較すると、インテリジェントスキャンは純粋にハードウェアではなくソフトウェアベースのセキュリティアップグレードであるようです。

Samsung Galaxy S9 +は、S8 +同じく、10のうちの4の「修復可能性」スコアを授与されましたが、iPhone Xの16を上回ることはできませんでした。モジュール式である点、接着剤が多量に使用されることによるタフな分解と、ガラス破損のリスクが高いことが、評価につながりました。