Jeep、新しいWrangler(ラングラー)2018年モデルのレビュー

0
224

10年以上、Willys MB軍用車両で、ジープの象徴的なオフロードカーで、ジープの子孫であるWrangler 2018年モデルは、全く新しい仕様に生まれ変わりました。 JeepのScott Tallon氏は、「Wranglerについて考えると、Jeepにとって何を意味するのか – それはブランドの顔であり、アイコンだ」と説明しました。



Jeep、新しいWrangler(ラングラー)2018年モデル

今日、発売されているオフロード車におおきな不満はありませんが、Wranglerは業界トップクラスの期待値がもてるオフロード車で。ランドローバーディスカバリーは、同じような地形を走ることができるかもしませんが、ラングラーのように、ドアを簡単に取り外したり、フロントガラスを折りたたんだり、新しいスカイワンのようなボタンを押すことで屋根全体を格納したりすることはできません。

JLシリーズWranglerは、もともとシンプルでアナログ的な性質で、賞賛された車両を近代化するためのジープの取り組みの結果、うまれたオフロード車です。それでも、ジープは、ラングラーの堅牢性とカスタマイズ性に優れたデザインに対する評判はそのままであることを保証しています。

スポーツ、サハラ、ルビコンで提供される2018ラングラーは、スポーツとルビコンの2ドアと4ドアの両方で使用でき、高級サハラは4ドアのみの提供です。新しいターボチャージャーと270馬力2.0リットルの4気筒のガスエンジンは、燃料効率をさらに向上させるために、エンジンラインナップで自然吸気された285馬力の3.6リットルPentastar V6に加わり、6手動変速機または新しい8速オートマチックトランスミッションを兼ね備えています。

内装と技術

ラングラーのインテリアデザインはトリムレベルと大幅に異なります。ルビコンはすべてビジネス的であり、フロントとセンターの4WDコントロールを備えた耐久性のある素材で装備されています。 2ドアのWranglersの後部乗客はスペースのために少し窮屈になっています。

新しいWranglerの第4世代バージョンは、業界で最も機能豊富なインフォテイメント製品の1つです。 7インチと8.4インチの味で利用可能なタッチスクリーンシステムは、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応しており、マルチタッチジェスチャー、Siri音声コントロール、Google音声検索を提供します。

走行体験

新しいJL世代のルビコンは、JKシリーズよりも現代的ではっきりとしていますが、オフロードでは絶対的な能力を発揮します。 33インチのグッドイヤー全天候型タイヤ、ロッキング・フロント・アンド・リヤ・ディファレンシャル、プッシュ・ボタン式フロント・スウェイ・バー、よりサスペンション・アーティキュレーション、洗練されたトラクション・スタビリティ・コントロール・システムを装備したWranglerは、最も挑戦的なトレイル・エレメントで攻めています。

テストでは、Wranglerは都市で17 mpg、高速道路で23 mpg、混合使用で1ガロンあたり19マイルのEPA定格燃費に対応しています。

安全機能の面では、2018 Wranglerには、電子ロール軽減、多段フロントエアバッグ、補助サイドエアバッグが標準装備されています。また、死角監視やリアクロスパス検出などのアクティブ機能も利用できます。

保証

Wranglerには、3年間、3万6,000マイルの基本的な限定保証と、5年間で6万マイルの限定パワートレイン保証があり